スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

113:創作手づくりクラフト展

CAI_6662.jpg
明けて翌日。
雨の中観戦する想定で着物だけ着替えを持参。
帯はポリだからすぐ乾くんだけど
木綿の着物はそうそう乾かんけんね。
それに、試合のない日の赤い着物は恐ろしく目立つのよね。

ポワソンドールの麻の葉柄のセオα。
帯まわりは昨日のまま。
帯に挟んだ手ぬぐいが覗いてるけど…^^;

ホテルをチェックアウトして
今日から駅前福屋9階催事場で始まった
「創作手づくりクラフト展」
彩mamaさんたちが出展してるので冷やかしに覗いてみた。
1/3くらいは天然石や樹脂ビーズのアクセサリー屋さんかなあ。
でも、帯をリメイクしたバッグや着物をリメイクした日傘のお店とか
くるみボタンで作った着物小物やレース着物やつくり帯のお店とか
ちょこちょこ和物もあったりした。
ワークショップをやってるブースもあるので楽しそう。
わたしもワークショップに参加。

宮島イベントのワークショップでお世話になってる
「Ag172」の内之丸先生のところでレジンの帯留め作成。
CAI_6663.jpg
夏でも冬でも使える雪のパーツで。
金具は持ってきてないそうなので自分で付ける予定。

そして「アトリエ OnlyOne」の奥山先生のワークショップで
プラバンを使ったコサージュ作成。
CAI_6664.jpg
薄いプラバンにペーパーナプキンを貼り付けて加工するの。
なにやら美しくないのは、わたしのセンスがなさすぎるせい。
先生の見本は可愛かったのよ。
あえて赤い柄にしたのは
毒々しい色の大きなベニテングダケの部分だけ
みんなが避けるように使って残っていたんで・笑

「創作手づくりクラフト展」は23日~28日まで
彩mamaさんのつまみ細工のワークショップもやってますよ~
スポンサーサイト

ちゃんりお作ってみた

月刊アレコレの編集長さんが作ってらしたので
まねして作ってみた。
サンリオビューロランドのサイトで作るアバター
ちゃんりお
ちゃんりお
パーツに限りがあるので
まあこんなもんかなあ…^^;

081:昔のポリ

CAI_6602.jpg
リサイクルのポリ紗の縮み。
透け感は多少あるけど盛夏に着るとさすがに暑いので
今の時期の着物にしてる。正絹の紗ほど透けないしね。
質感は現在のポリよりもはるかにいい。
古いポリのちりめん系は全然ダメだけど、紗に関しては悪くないと思う。
触ってもポリと分からないかも知れない。
この生地復刻すればいいのになあ。

帯は岡重ライセンス(岡重の商品ではない)の帆船柄の半幅帯。
垂先にだけ帆船の柄。後は波紋みたいな柄。
CAI_6599.jpg
前帯がさみしいのでアンティークの象牙の帆船帯留。
金具が小さくて通しにくいので藤岡組紐店さんの二分紐。

いつも通りの「和コレ結び≒割り角だし風」
ヒダを作ったら「和*榮堂」の帯枕止めでクルクル止める。
結構便利。(帯枕滅多に使わないからこうやって活用)
CAI_6600.jpg
大き目のくるみボタンや脚のついた飾りボタンに
ゴム紐を通して自作してもOK

131:ウールの小紋

CAI_5675.jpg
ウールっていうよりもモスリンかなあ。
豆千代モダンで8年くらい前に売ってた大きな千鳥格子の着物が
確かウールでこんな手触りだった。
ウールというよりはストックで持っていたレーヨンの生地に近い感じで
ウールなのにすごくペラペラした生地だなーって当時思って
お値段もそれなりにお高かったし
ボルドーの大千鳥格子が欲しかったけど買うのを諦めたのだ。

なのに、その倍もするこの着物を買ってしまう自分…^^;
「iks」ってブランドのウールで4色展開なのかな。
わたしがお店で見たのはこの1枚だけだったけど
結構着まわしできるいい着物だと思う。
うーん…、今気づいたけど、このショップだと1割くらい安いなw

iksのエンブロイダリーのウールに横段の半幅帯。
帯のシワがとれてなかったーっ…orz

129:雁の柄

CAI_5666.jpg
雨降るかも~と思ったのでポリにしたけど
結局降らなくてちょっと暑かったわ。
・・・(-_-;ウーン 昨日は正絹着たら雨だったしなぁ・・・
なかなかヨミの甘いわたし。

ポリ単衣。多分風香さんのだ。
着心地は悪いんだけど、気に入ってる。
こういう着物は何枚かある。
帯は「雁」の柄の名古屋。
帯留は適当に秋色のビーズの帯留にしたんだけど
もう少し色を選べばよかったわ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。