2・8のコーデ

納める前にボディさんに着せてみる。
ボディさん 久しぶりの登場だなー。

ボディさんはそんなにスレンダーじゃないんだけど
わたしの着物が余る・・・・orz 着せにくいったら。
しかも 何もココじゃなくてもいいだろーに 
というような柄が前帯に出てますわね(--;)
もうちょと右側の赤い椿が出てくれたらまだよかったんだけどさ。

後ろはこんな感じ。
CIMG0714_20090211134918.jpg
結構賑やかな帯だったんです。
帯締めは朱色でもよかったなー。
こうやって後から見ると 反省点だらけだわー。

ボディさん【その11】

気に入ってる博多織りの帯。
うちに届いた時は シミだらけでゴミ同然の状態でして
お金はかかったけど 洗いに出してみました。

シミは残ってしまい きれいとは言いがたいけど
まぁ 普段着なら許せるかな・・・程度にはなって返ってきました。
それは去年の事。

今年 1回も結んでないんですよね。
なので ボディさんに。
着物・半衿は前回のまま。
帯揚げは綸子の柿色。帯締めは抹茶色の平組紐。
CIMG0279.jpg CIMG0283.jpg
この帯のすごいところは 
前帯の柄がちゃんと横向きで織られているところ。
高価な帯でも よく前帯で柄が90度傾いたりしますよね。
せっかくの全通・六通なら この辺りの気遣いが欲しいなと
常々思ってます。
超高価な帯ならそうでもないのかしらー。
(ポイント柄はまた別よ)

しかし・・・着付けてて思ったけど
この帯、わたしが巻くと二重太鼓にならないんだよねぃ(トホホホー)

ボディさん【その10】

旅行ボケっていうか なんというか
さっぱりやる気なくて 呆けてましたわ。

でも昨日は実家で和裁の宿題をして
篤姫を見ながらボタン柄の生地で九寸を仕立てました。
110cm幅 2mで 九寸と半幅帯の表地が取れるので
全部同じ生地にしないで 裏地を適当な生地にしてしまったんだけど
もちっと考えればよかったなぁ・・・(;´д`)トホホ

さっそくボディさんに巻き巻きしてみました。
CIMG0274.jpg CIMG0278.jpg
着物はヤフオクで落札した単衣。
ウールかポリだと思うんだけど
出品者の方は 正絹だと思うとおっしゃる・・・謎な織り。
単衣とはいえ 厚手なので10月に入らないと着れないんだな。
ボタン柄の九寸に芥子色の帯揚げ&浅納戸色の三分紐に
フォーシーズンさんの揚羽蝶の帯留。帯飾りは丸に揚羽の家紋柄。

ボディさん【その9】

暑いんだか寒いんだか・・・
1日の中で寒暖の差が激しくて 
一体何を着たらよいのかと悩みます。

ボディさんは文句言わないので 適当に着せれますけどね。

花詩歌さんの 夏紬のスクエアローズ。この柄好きなんだなぁ。
でも 正絹なのにやったら硬い。
着ていると身体に馴染んでくるんかなぁ・・・。
やはり 紬よりもしなやかな小紋の方が好きだな。
一応夏物。透けてるといえば透けてるけど
色柄のせいで 目立たないし
いくら透け感がある言うても これを盛夏に着る気にはなれそうもない、
そういう中途半端な生地。
今の時期にちょうどいいかも知れません。

帯は 薄いモスグリーンに銀の葉っぱ柄の八寸。
たしか交織だったと思う。
これもまたかなり硬いです。

白黒の市松帯締めに あじゃんのローズの帯留。
IMG_2947.jpg

今日はコレを着て出かけようと思ってるんだけど
もう 新たな正絹を下ろさないでいた方がいいかも・・・と思案中。

ボディさん【その8】

今日は夕方から 地元の同級と飲みにいく予定だったのだけど
幹事が仕事の都合で大阪から戻れないのでキャンセル。
まぁいいんだけど。

母に犬のえさのお使いを頼まれていたので買いに行って
運んだついでに チクチク作業。
宿題の 脇・おくみ・背縫いを済ませて
ついでに この前芯を抜いた引抜き帯に芯を入れました。

お太鼓の巾を計ると 7寸5分。
昼夜帯だったので巾が狭いです。
その巾で芯を切ったら・・・・Σ( ̄Д ̄;)がーんっ!

手先は4寸(広げると8寸)だったのよ・・・ il||li_| ̄|○il||li

芯1本無駄にしてしまいましたわ。
いつもなら ココで凹んで辞めちゃうんだけど
次直したいものや縫いたいものがメジロ押しなので
気を取り直して 手先の長さを測ってから
手先とタレ先で巾を変えて芯を切りました。
あとは縫い代に綴じ付けてひっくり返すだけ。

アイロンかけるとカビとホコリの混じったニオイが・・・(--;)
1回洗いに出した方がよさげです。


その帯をボディさんに結んでみました。
着物は 風香さんの市松の単衣
帯揚げはありません。帯締めは 茶x抹茶の丸組。
IMG_2941.jpg

この帯 お太鼓部分の柄がさかさまになっているため
引抜き結びで結んでいます。

①手先を60cmくらいとり 胴に2回巻く。
②後ろ中央でタレを折り上げて タレが上になるように手先と結ぶ。
 この時全部引き抜いてしまわないで
 タレ先を残したままにします。
 この状態で タレ先は裏側が見えています。
③結び目の位置から丁寧にタレ先を広げて整えます。
④お太鼓部分も結び目から広げて 二枚そろえて折り返し
 二重太鼓のように帯締めを結びます。
⑤上の画像は 角出し風に手先の下で帯締めを結んでいます。
半幅帯の「やの字」と同じ要領です。