古布バッグ

縫い直そうと解いた襦袢の生地が弱っていて
衿を解いていて肩あきの切り込みから裂いてしまったので
バッグにリメイクしてみた。
本当は襦袢として着たかったんだけど
解いてみたら擦り切れてるところも多かったんだよね。

真ん中はレーヨンの残り布。
無地っぽいとこはこの前の帯地の半端な残り。
一番端っこのとこが今回の古布
CAI_6657.jpg
芯を貼るか悩んだんだけどそのままで使用。
貼れば生地そのものは丈夫になるけど
絞り独特のふんわり感がなくなるし
生地が硬い方が擦れて傷みやすいんで。

とりあえずこのまま使ってみてみよう。

大きさは片面で幅60cm×30cm(60cm×60cm)
内、持ち手の折り返し3.5cm
この前のより小ぶりに作ってみた。
A4版のファイルは入るサイズ。←必須条件

がま口ポシェット

先日作った帯のリメイクバッグ
CAI_6615.jpg
7cm幅の細長いハギレが残ったので
何かに出来んかなあ…とずっと考えていて
思いたったので作ってみた。

鯉の生地も半端に残ってたのでお揃いの着物ポシェット。
和キッチュさんのポシェット金具につけて使う予定。
わたしの持ってる札入れが入る大きさ。(最近は札入れ使わないけど)
着物ポシェットにしてはちょっと大きかったかも^^;
CAI_6637.jpg

大きなバッグもだけど『角を出さない』フォルムにこだわってみる。
というのも底が四角だと、角っこが擦れて
色が落ちたり穴があいたりしやすいから。
なるべく丸い底でバッグを作りたかったのよね。

でもって、金具は縫い付けタイプで。
お財布やキーホルダーのように貴重品を入れることが多いので
万一にでも口金がはずれて落とすことがないように。
ポシェットの大きさの割りに金具がごついかなあ…と思ってたけど
作ってみるとそうでもなかったわ。

型紙を買うのをケチったので自分で型紙をおこさないといけなくて
(もとより、ハギレを使わないといけないので市販の型紙は使えない)
ダメ元で作ってみたけど、まあまあかな。
いろいろ気づいたこともあるので、次があればもっと上手くできるかもだ。

リメイクバッグ

CAI_6615.jpg
知人から「箪笥の整理したから」と頂いた帯が
普段着には絶対使わないだろうなあと思うような朱色に銀通しの菊柄。
しかも帯芯にかがりつけている「額縁仕立て」
芯がアクで茶色くなっていて、帯で使うにしても芯の取替え必須なので
思い切ってバッグにしてみた。
鯉の生地が現代物のレーヨンのプリント地で替え袖を作った残り布。
この生地があったから思いついたんだけど。

キンゾウ商店さんとホハフ工房さんのバッグを参考にしつつ
小ぶりだけどA4が入るサイズ想定で作ってみたら
1泊旅行の荷物が余裕で入るくらいデカかった…orz

サイズは幅75cm×30cm(片面) 
次は65cm×20cmくらいで作ってみるかなあ。

レース半衿。


昨夜は着物用のデニム地2着分、帯用生地4mを2本分
水通ししてアイロンで地直し。
腕が筋肉痛になっちゃった(´Д`)

その後で、あるコーデのための半衿作り。
薄手の木綿地とレース地を重ねて縫い合わせただけ。
同色を重ねたのでレースの柄がわかりにくいけど
中に和紙を入れたりすると
レース柄が浮き出たり、衿芯も兼ねていいかも知れない。

材料
・薄手の木綿地90~110幅×15cm
・レース地90~110幅×15cm
同色でも違う色でもOK。
長さが違ってもOK。

作り方
①短い方を上にして2枚を中表に、中心合わせに重ね、待ち針を打ちます。
レース地が伸びやすいので、必ず平たいところに置いて待ち針を打ちます。
②長辺の端から5~7mmで筒に縫い合わせ
レース側に縫い代を倒してアイロンで押さえてひっくり返します。
木綿地側からアイロンをかけて整えます。
③長い方の余ってる端を三つ折りにして、並み縫いで押さえます。
重なってる部分もずっと縫っていき反対側の端まで縫います
レース地だと目立たないのでザクザクでいいです。
両端縫ったら完成。

ブローチを帯留に

このブローチが帯留めだったら…とよく思う。
うちにはそんなブローチがいっぱいある。

ブローチピンに通して使う帯留金具って
案外思うように使えないことないっすか?。
そそ、こんなの↓

私も大小持ってる(^-^;(←一応なんでも買ってみる奴)
針の長さが足りなかったりするし
ブローチ金具の位置によっては使えなかったり。
いろいろしっくりこなくて結局使ってないのよねー。

帯留金具つけたいと思ってもブローチの裏って
だいたいこんな感じ。裏が凹んでる…orz
2013061415200000.jpg
これでも金具の台に接着する事は出来るんだけど
接着代が少なすぎて落としてしまいそう…。
まだ、帯締めに直接ブローチの針を通してつけた方がいいくらい。
でも…結局落としてしまう…orz
何度お気に入りのブローチをなくしたことか(´;ω;`)

先日ホームセンター見つけた金属用のエポキシパテ。

これ、いいんじゃない♪ と買ってみた。
とりあえず思いついたらすぐ試してみる。
なんというか、考える前に走ってしまう奴ですから。

まずはニッパーでブローチ金具を外す。
アクセサリーパーツ屋のおっちゃんが言うには
ハンダで簡単に付いてるだけだからすぐ取れるとのこと。
2013061415220001.jpg
ニッパーはビーズ手芸用のじゃなくて、ちょっと大きめの奴がいいっす。
パッチンと無理に切ろうとないでも大丈夫。
挟んで捻り切る感じでポロっといきます。

そのままだと帯や帯締めを傷めるので
切り口をダイヤモンドヤスリで擦って平らに。
2013061415240001.jpg

エポキシパテを輪切りにして…
2013061415270000.jpg
あ、結構くっさいです
でも固まるとニオイはなくなるので大丈夫。
2013061415290000.jpg
色ムラがなくなるまでコネコネします。
混ざると10分で固まるのでこれからが時間勝負。
手早く作業しないといけないので
沢山のブローチに…などと欲張らない方がいいです。
せいぜい1~3個。慣れないうちは勿体なくても1個ずつの方がいいかも。
2013061415320000.jpg
ブローチの凹みにぎゅうぎゅう詰めていきます。
あとでヤスリで削れるので少し盛り気味にしておきます。
(あんまり盛ると削るのが大変)
なるべく外側にはみ出さなさいように。
あとから取るの大変なので
柔らかいうちに針などを使って取ってしまうのがよいかと。
固まり始めると化学反応で熱くなるので気をつけて。
10分で硬化するけど、ヤスリがけするのは半日以上放置。

ヤスリがけして平らにしたら
小さな箱などにプチプチシートや布を敷いてブローチを載せます。
下が硬いとグラグラするのよねー。
2013061515560000.jpg

つけたい場所にお好みの帯留め金具(画像は和キッチュさんの金具2個付け)を
「ウルトラ多用途強力ボンド(クリアタイプ)」でぺったん。

くれぐれも完全に硬化するまで触らないように~~。
金具は中心位置より気持ち上側に付けると
帯締めを通した時の収まりがいい。
金具に遊びがある分下がってくるから。

今回は和キッチュさんの帯留金具を使ったけど
接着面積=強度なので、大きな面で接着が可能場合は
大きな帯留金具を使った方が無難かも。
その場合、可能であれば金具の台の部分だけでもエポキシを凹ませて
少しでも高さを低くするのもテクニックかも。
市販の主な帯留金具はこんな感じ。でも小さいのがやっぱり使いやすいかなあ。
(挟むタイプのはよく落としてしまうからダメね^^;)