帯の柄付

明日の初出勤にコーデしたいと思ってる「三猿」の洒落袋帯。
どう結んでも三匹を同時に見せることはできないんだけど
干支の縁起物ってことで。
CAI_0052.jpg
何年も前に購入したんだけど
袋帯しかも紬地って、なかなか結ぶ機会がないんだよね。
名古屋帯すら結ばなくなったし。
今回で最初で最後…いや12年後まで封印になるかもだ^^;

この帯の最大の難題は前帯の柄。
CAI_0051.jpg
これってエラー?
それとも意図してこの柄付なんかな?
実は購入当時から悩んでて
それがいまだに未着用の一因でもあったりする。

ピンときた人も多いと思うけど
これ、手を折って普通に巻くとこういう柄になるの。
CAI_0050.jpg
上下逆??
本来、こういう柄向きのつもりだったんじゃないかと
思ったりもするんだけど
CAI_0053.jpg
明らかに逆向きという絵柄ではなくて
木に登ったりする猿がモチーフなだけに
元から逆さ向きのデザインだったのかも…
悶々として、どうにもすっきりしないのよね。
折った「輪」を上にして結ぶか、普通に結んで猿を逆さにするか
今現在も悩み中(^-^;

こういう柄付の帯って、これだけじゃないの。
手持ちの「雁」柄の帯が2本。前帯で雁が上向いて飛んでる。
これは明らかにおかしいので、輪を上にして結ぶことに決めてるけど…。
帯の図案を作った人は、滅多に着物を着てないかもねえ

続・経産省のきもの日

11月16日の経産省の「きもの日」着物で出勤デー。
ちゃんと記事を読んでなくて、つい先日知ったんだけど
着物で出勤したのは30名ほど。
(゜Д゜) ハア??
経産省って全体で8000名近く職員がいるのに
30名って…(--;) 約0.4%
それ「経産省の」と謳って報道するのは誇大広告ちがうん?

なんかさ、企画してる部署だけで
何かせんと実績にならんので、ちょこっとやっとこうや的な…
いわば内輪だけのイベントかいな。
すっごく大々的にしたんかと思ってたんで
すんごく呆れちゃったよ~(´Д`*)

小さくても何もしないよりはいいと、きくちいまさんは言うてましたけど
これならしなくてもよかったんじゃないかと思っちゃうなあ…。
役人がすることってこの程度なんだなーと改めて思ったわ。
せめて、職員の3~5%程度は巻き込むくらいの企画にする努力を
してほしかったなあ。

和服が後世にわたって生き残るためには
今、何か起爆剤が必要なんだと思うけど
わたし的には、着物の裾野を広げるのは
アニメやゲームのいわゆるヲタク文化に石を投じるのが
一番効果があると思うのよね。
和服キャラの登場するアニメや漫画雑誌のスポンサーとして
呉服屋がCM打てばいいんじゃないかと。
コラボってキャラ着物作ったりさ。(最近ちょっとその傾向あるけど)
そういう費用をケチって
他力本願でタナボタで儲けようとするから呉服業界ダメなんじゃん。

最近アーティストやドラマで着物姿が増えてきているのはよい傾向だと思う。
経産省の企画より、よっぽど効果あるし共感を得られるよね。

【着物が当たり前の社会をどう作る】

ツイッターのハッシュタグに
【#着物が当たり前の社会をどう作る】っていうのがあって
普段に普通に着物で過ごしてる身には
Σ( ̄。 ̄ノ)ノ 何を今更??
なんだけど…。

着物が着られない環境の方が実は少ない。
とっても危険とか、すごく汚れるとか
配布された同じ服を着ないといけないとか…
そういうシチュエーションくらいしか思いつかないし。
着たいと思えば着ればいいだけのことなんだよね。
いろんな理由をつけてハードルを上げてるのは
自分自身じゃなかろうか。

などと言うと反論あるだろうなあ^^;

そもそも着物を着ない理由って何だろ?

①着付けが大変&面倒。教えてくれる人が身近にいない
 →教室に行かなくても本やネットを見れば十分。
   繰り返し着ていれば慣れるし
   制限時間があった方が着付けのスキルは上がりやすい。
   数十万払って教室で習っても着なきゃ着れないのも同じ。
   とりあえず「着て出歩く」ことが上達への近道。   
   街の大きなガラスに映る全身像への反省が
   次回の改善につながるのですわ。
   着物雑誌やテレビや映画の女優さんのような美しい着付けを
   目指すのは自由だけど、そこに捉われてはいけない。と思う。

②着物は高価で汚せない
 →昭和後期の着物暗黒時代のおかげで
  古着が格安で手に入る時代に何をおっしゃるw
  新しいものでも、オークションやネットショップで
  街の呉服屋よりかなりお安く買えるのよね。
  「いかに安く着物を着てるか」が自慢になる時代だったりする。
  確かにお手入れ代は割高ではあるけど
  そんなにしょっちゅう洗いに出さなくてもいいと思うし
  割り切って洗えるものしか着ない人もいる。
  正絹を自己責任で洗うツワモノも実は多いのだ。
  なにより、汚したくないのは洋服でも同じでしょ。

③人目が気になる。場違い感半端ない。
 →これこそ、気にしなきゃいいだけで…^^;
  例えば電車やバスに和装の人が乗ってきても
  「あ、着物だ」くらいにしか自分も思わないでしょうに。
  品定めするようにガン見するのは同好の人。
  自分が思うほど他人は気にしてないと思う。
  絶対数が少ないので着物というだけで目立つし印象に残りやすいけど
  着物にもTPOというものがあってやね
  同席する人にドン引きされない程度に
  場違いにならないコーディネートを心がけたらいいじゃない。
  ダークスーツが多い集まりなのに
  極彩のアンティークやレトロ着物と帯の
  しかもサイズが合ってないとか、シミだらけや汚れたままとかで
  乗り込むような非常識じゃなければ大概は許されると思う。

他に着ない理由って何かなあ。

因みにわたしが着物で出かけない日は
①親族以外のお葬式。
 お通夜はお勤め帰りの喪服じゃない人も多いので半喪で行くけど
 お葬式は「色無地+喪帯」はやっぱり目立ちすぎるし
 かと言って親族でもないのに黒喪の着物は着れないので洋装。
②イベントのスタッフ参加
 Tシャツ等のユニフォームが設定されてるとそれを着なきゃいけなくて
 着替える時間や場所がないことが多いので着物ではいかない。
 屋外での子供対象イベントも、万一の時身軽に動けるよう洋服。
③仕事関係で着物で行きにくい時
 工事現場の立会いや、同行者から「洋服でね」と釘刺された時。
 めったにないけど謝罪に行く時もだ。
 着物で失礼にあたる訳じゃないけど、あくまで趣味で着てるので
 ちょっと気持ちがはばかられる^^;

以外は着物だけど、特に支障があったことはないなあ…。
あ、4つ目に挙げるとしたら
「艶っぽい展開を期待するデート」かも知れない…(ご縁はないがw)
着物の下は漢のロマンを粉々に打ち砕く要素満点だもん。
いつも通り普通にパッチやステテコ穿いて
胴に腹巻で補正して着物着て、お食事をご一緒した帰り際

漢「二人きりでどこか静かな場所に行こう」
Μ…!!!Σ(゚д゚|||)
  「…ごめんなさい。終電で帰らなきゃ…」・゚・(つД`)・゚・

ってオチになりそう(≧m≦)
そういう心積もりで下着選べばいいじゃんって話だけどw

サプライズ!

和裁の先生から電話があって
「Μさんにと預かってるものがあるので来てね」
と言われて1ヶ月…やっと和裁教室に顔出しました。
今、和裁教室では「結城紬」ブームみたいで
先生が何本も仕立てる野望の反物を見せてくださいましたw
単衣に仕立ててウール代わりに着るんだそうです。
あ~、それいいかも…。
ちょっと結城紬がほしくなっちゃった(笑)
和裁教室、危険危険w

先生から渡されたのはこのリメイクバッグ。
CAI_0009.jpg
実は、6年半前
「リメイクする前にぜひ最後に結んでください」
というお申し出があり、ありがたくお借りして結んだ帯なのです。
すっかり忘れていたので、もうびっくり。
わわーん、うれしいです☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

襦袢の袖丈を短くする(手抜き法)

「襦袢の袖丈直し」で検索して
このブログに辿り着かれる方が多々いらっしゃるのだけど
今まで襦袢の袖を直したことがないのと
襦袢の袖下は和裁士さんによって縫い方がマチマチで
説明が煩雑になるのため、掲載していません。

5~7cm程度短くするのであれば
切らないで、適当に折って縫い縮めるのを推奨します。
袖の長い着物を着たい時に解いて使えるので。
柄行き上、袖を切るにしのびない着物が少なからず存在するからです。

頂きものの襦袢の袖が1尺5寸だったので
参考までにちょこっと縮めてみました。(7cm縮めました)
裏からみたとこ。(普通に撮ると分かりにくいので露出調整してます)
襦袢袖丈1
袖下を裏返して、底から縫い縮めたい寸法分ざくざくと縫います。
縫い始めと縫い終わりは返し縫いをしてください。
アイロンで前側に縫い代を倒して(←ここ重要)
袖口側の縫い代は前袖に縫い止めてしまいます。
振り側は畳んであるのを少しでも隠すために
三角に折り込んで、角2箇所を縫い止めます。
(折り目が戻らなければいいので適当でOK)

表に返してアイロンで軽く縫い代を押さえます。
襦袢袖丈3

振り側はこんな感じ。
襦袢袖丈2
もっと奥までみるとこんな感じ。
襦袢袖丈4
縮める寸法が3cm以下だと三角に畳みにくいし
畳んだ効果があまりないので畳まないでいいです。

適当すぎますかね~~^^;
でもこれで十分じゃないかなあ。
わたしはこれで着ちゃいますw

どうしてもきちんとお直ししたい人は
着物と同様な方法で直せばいいと思います。