123456789101112131415161718192021222324252627282930
2008-06-15 (Sun)
翌日の今日は
朝早くから 駅前市場に行こうと 5時起き。
市場に行ったら 開いているお店も少なく・・・(10時頃からだそうで)
ガイドブックには 4時~って書いてあったのに~~~(T▽T)
で 徒労に終わりました。

智頭の石谷家住宅の見学会。
贅と趣向を凝らした豪邸だったです。(元は塩問屋さんだったそうです)

こだわりのある建具。
板の引き戸は1枚板です。1枚の幅90cm以上あります。
外の面格子は 木材を直角に組まないで45度の角度で組んであります。
IMG_2726.jpgIMG_2758.jpg

ハート型の意匠の建具。猪目(いのめ)型というそうです。
IMG_2745.jpg


家具も凝っていたり・・・。
民芸家具のライティングビューローとか 象嵌のピアノとか・・・
この円卓は 多分鎌倉彫り。
IMG_2743.jpg


木材も贅沢なものが多く 縁板も1寸厚だったり。
わざと1寸雨戸の敷居を下げて 厚みを見せてるんですよ~。
IMG_2733.jpg


お茶室。
IMG_2746.jpg

池に張り出した床の下の梁(って言うのかな?)は 
虫食いのある古い舟の木材を使って 舟遊びの見立てなのだそうです。
小窓の意匠は 2羽のカラス。

2階にある神棚。
IMG_2751.jpg

商家なので仏壇よりも大きいです(^^;
(仏壇も江戸時代のものでかなり大きかったです)

使用人部屋の欄間。大山と日本海。
波間に小さく帆掛け舟が浮かんでいたりします。
IMG_2753.jpg

各部屋の欄間の意匠がまたステキだったです。

こういう古民家の見学は ガイドさんが居ないと
見どころが分からないかも知れないですね。

お昼から帰って うちに着いたのは6時前・・・。
やはり 山陰は遠いですわ~。
でも主催県のみなさんの思いのこもったとてもいいイベントだったと思います。
本当にお疲れ様でした。ありがとうございます。


福山まで帰った頃 雨が降り出して
やっぱりポリにしてよかったと思った今日の着物。
あじゃんの格子にトランプの夏着物。
撫松庵の麻の葉柄の半幅帯。
帯揚はサンドベージュの絽。帯締めは昨日と同じ。
帯留はデコラティブボタンに帯留金具をつけたもの。
PIC_0066_20080615174303.jpg

昨日のレセプションでテーブルが同じだった方に
「ぉぉ~ 昨日とは違う着物なんてすばらしい~」と言われました(^^;アハハ・・・
だって いろいろ着たいんだもん(笑)
| 引出しの中 | COM(4) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する