12345678910111213141516171819202122232425262728
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-07-22 (Wed)
わたしの旅は高速バスが基本。
料金が安いというのもあるけど
寝てる間に移動して(大体熟睡) 
現地で朝から夜までフルに動けるというのが一番の魅力かなぁ。
途中のSAに寄るのも楽しみの一つだったりもするし
万一出発時間に遅れそうになっても
係りの人が携帯に連絡してくれるしね。←助かってます

自由業なので 時間の制約があまりないから
バスという選択も出来るんだろうなあ。とは思いますが。

「え? 東京までバスで行くの?」
「もしかして 着物で?」

・・・ハイ

衣類に限って言えば 洋服も着物も大差ない。と思う。
むしろ 冷房の効いたバスの中では冷えすぎないでいい。
半幅帯で結び目を前に回していれば座りにくいってこともない。
足が多少むくんでも 下駄だと入らないって事もないしねえ。

着物でマイナス要因ってないと思うんだけど・・・(^^;

着崩れするじゃんって言われたけど
2シート使ってゴロンと横になって寝ても 
所詮は狭い中であまり動かないので
見苦しいほど着崩れることはほとんどなし。
衿元だけはアゴのファンデで汚さないように
手ぬぐいを挟んで寝てる。

意外に普通に過ごせてる。と本人は思ってるんだけど。

さて今回の旅は
梅雨が明けきらないで 天候がアヤシく
雨が降らない場合は 猛暑が予想されるという
着物を着るには相当イヤンな季節。

6泊6日の長旅でもあるので
出来るだけ少ない枚数でコーデないといけないのだ。
着ていく気満々だった セオαの着物が縫い直しになったし
直前まで仕事が急がしくて 何にも考えてなかったし
最終的には適当に詰め込んでしまいました・・・orz

ポイントは3つ。
①雨と汗の事を考えて着物と襦袢の正絹は諦める。
 着たい正絹もあったんだけどさ。3枚ともすべてポリ。
 20090715151857.jpg20090718211405.jpg20090721104829.jpg
 一番左のポリは楊柳でシワが目立たないのが◎
 真ん中の着物は前日衿を汚したこともあって
 ホテルで洗っちゃった(^-^; (翌朝には乾いてた)

②着心地のいい襦袢で 替えを1枚。
 (多分)セオαの襦袢を着て出かけ
 爽竹の襦袢を着替えに持参。(縫っててよかった)
 ポリの着物は暑い!というけど 襦袢の影響が一番大きい。
 汗取りの下着を着て機能性のある襦袢を着れば
 暑くてどうにもならないってことはなかったです。
 さすがに2日続けて同じ襦袢を着ると
 3日目はツライので 替えは必要。
 最終日には襦袢も洗ってしまった。セオαはすぐ乾くからいいね。

③帯は出来るだけ使いまわす。(このあたりまだ下手だ)
 小物で変化つけたり
 20090716173824.jpg20090718211405.jpg

 半幅帯の裏表使ったり
 20090715151857.jpg20090719091949.jpg

トランクの中は
着物2枚 襦袢1枚 名古屋帯2本+半幅帯1本
もっとタイトにすることも出来たんだけど
ずっと同じ着物だとつまんないし。なんか荷物多かったー(^^;


今回は想定していたよりもはるかに天候に恵まれて
雨もほとんど降らなかったし 猛暑というほどでもなかった。
でも夏の旅はポリで正解だったと思う。
| 着物の話 | COM(6) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。