スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

109日目。綿絽。


浴衣の素材の中で
綿絽と綿紅梅はきちんと襦袢を着てしまう。

千鳥柄の綿絽の浴衣に麻レースの半幅帯。
帯留めはフォーシーズンさんの千鳥。

しかし…綿絽って結構暑い。
まだ正絹の絽の方が生地が薄くて涼しいかも。

コメント

綿は暑いです

織り方や糸の太さにもよるのでしょうが、綿は乾きが悪いので
なんかムワムワして暑い感じがしますわ~。
でも薩摩絣は綿と思えない手触りで絹の様な透けでした。
高級品なんで反物で25万台でしたが( ̄∀ ̄)それでも安い
そうです。
浴衣着てませんわ~暑そうだし、Mさんと違い勤め仕事なんで
折角着るなら着物着たいと思って、夏着物は短いですから~(>_<)
着てない浴衣が沢山あるんですが、考えなしで買っていた頃

ので良い物がなくて余計着れません。昼から着るのは考えるうえに
安物じゃ余計に年齢的に恥ずかしいな~と思って、綿絽や紅梅なら
着物でも着れるから良いですよね~。

>Sさん

考えもなしに…のくだりは、私も身につまされるものが…orz
そうなんですよね。着ないままの浴衣が何枚あることか
しかもどれも微妙に気にいってたりするからタチが悪いという…。
綿絽や綿紅梅は浴衣として着るには中途半端ですよ。かと言ってお出かけに着るにも中途半端。微妙に持て余してます。

上質の綿織物は、細い糸で織ってあって、くしゃくしゃっと丸めてもシワになりにくいですよね。古着で貰った木綿着物の中に一枚そんなのありますよ。
それは絣じゃなくて、型染めですけど。
25万が安いか高いかは価値観の問題ですよね。手織りで織ったものなら、手間代だけでも安いかも…。と思うけど、私にはやっぱり買えないです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。