スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビーズ遊び。

あるショップさんからDMで羽織り紐の入荷のお知らせ。
もうそんな季節なのね。

ちらっと見たけど、3000円以上するの
(お高い! でも手間代だと思えば安いのか??)

こういうモノは手作りに限る。
最近また再燃したビーズ遊びを始める…orz
こんな事やってる場合じゃないんだけどな;;

作ったのはローズモノ数点。
ちょっと大人っぽいイメージで作ってみた。
CIMG1892.jpg
自分用はまた作るとして…とあるオフ会のお土産のおまけ。
「こがぁなもん、いらんけん」って言われるかもだけど
(まぁ そがぁに言いんさんなやw)

近いうちにラッピングしなきゃ。
もうちょっと見映えはよくなるはずw


基本のビースの羽織り紐の作り方は以下の通り。

■材料
①ビーズ。並べて15cm前後分。好みの長さでOK。
 樹脂でもガラスでも天然石でもテグスが通せればなんでもいい。
 でも小さいビーズはテグスが通しにくいし
 大きくて重いものは羽織りの「ち」に負担をかけるので避けた方がいいと思う。
②2号テグス。80cm
③カニカン。8x11mmくらいの。
 大きいと金具が目立つし、小さいと使いにくい。
 ハート型などのかわいいものもある。

■用具
①鋏
②あればビーズ針。絹用の針(四のニ~四の四くらい)

■作り方
①ビーズの配列をきめる。
 中央付近を大ぶりなビーズ、端っこにいくほど小さくするとすっきり。
 配色はお好みで。わたしは同系色でまとめるのが好み。
②中央付近のビーズを通し両側に順番にビーズを通していく。
 全部通したら 色のバランスと長さのチェック。
③両端にカニカンを通して 全部のビーズにテグスを反対側のカニカンまで通す。
 両方通したら、残りのテグスの長さが左右同じくらいになるようにする。
 カニカンの孔にテグスを通し(2回目) 中央の大きいビーズまでテグスを通し
 きつくならい程度にテグスを引いて ビーズの間にテグスが見えないようにする。
 (カニカンのところはカニカンが動く程度に少し緩めがよいと思う)
④大きいビーズの横でテグスを2回結び
 結び目を孔に隠すように少し引き 
 残りのテグスをそれぞれ逆方向にカニカンまで通す
 テグスの残りをカットして完成。

 二往復して中央で結んで 端っこまで引き返してテグスを切るだけ。
 孔が見えにくい場合やなかなか通せない場合は針を使うとかなり楽です。
 すっごく簡単。
 でもハマると あれこれビーズを買い漁ってしまい
 結局買った方が安かったりもするんだけど^^; 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。