123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-01-25 (Tue)

ぎりぎりまで迷って和裁教室に行く。
着付けは襦袢含めて5分。
呼んだタクシーの中で帯揚げや帯締めを整え羽織を羽織る…
…(-.-;)
羽織紐の金具が壊れてた…orz
ついでに手袋もショールも忘れた…orz

仕方ないので電車を降りてからダイソーで
羽織紐がわりのブレスレットとアームカバーとフリースの膝掛を買う。
とりあえず応急処置。
315円でどうにかなってくれるのはありがたい。
でもどんな物でも作り手がいて、その人たちの手間を思うと切なくなるね。

今日の着物は氷割りの小紋に千鳥柄の半幅帯。
水色の草木柄の羽織。
この羽織、乳の位置を間違えて着るのがいやになってたんだけど
今日やっと教室で解いて直した。
天から1尺を9寸に。
ちょっとのことだけど随分違う。手間を惜しんじゃダメよね

そうそうこの「乳(ち)」の位置について
教室で見せていただいた「花saku」という冊子に載っていました。
110125_131418.jpg
誰もが同じ位置ではなくて 衣紋の抜き加減や帯位置から決まってくるんだよね。

そしてこの号には若い東京在住の手描友禅作家さん8人の紹介があった。
東京だけでも中野先生みたいな人がこんなにいっぱいいるんだなあ・・・と。
いくら着物が注目されているとは言え まだまだシェアは狭いから
みなさん結構大変そうだけど・・・。
でも中に萌え萌えの作風の人がいらっしゃる
あぁ お幾らなんだろう・・・手が出せるお値段なら欲しいーーー。
| 今日の着物 | COM(2) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。