スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1年越しの羽織

和裁教室で今縫ってる羽織。
元はオークションで500円で落札した
昭和中期のやや短めの丈の羽織だったんだけど
着てるうちにマチがほころんできてたので洗張りしたもの。

衿を畳んでしつけかけて…そのまま半年以上放置…
仕事が忙しかったり、呉線が不通になったりして
通うのが困難な時期もあったりで。

やっと今年になって教室に復活してやっと袖からを縫い始めたけど
他の用事と重なったり、仕事がどーにも忙しかったりで
月に1~2日しか教室にいけなくて まだトロトロと縫ってます

この羽織を洗い張りしたら 小紋が縫えるくらいの身丈があって
小紋にしようかなと一瞬思ったけど
思い切って長羽織にしようと 3尺の丈に。
表地にしるしをつけて 羽裏を測ったら…

∑(゚◇゚;) ゲッ

羽裏が足りないじゃん…

慌てて羽裏を測って 身丈を2寸縮めることに。
無事に身頃とマチの裏表にしるしがついて 
ようやく針が持てたのが先週の教室。

縫いはじめれば宿題でチクチク出来るので
昨日マチをつけて背縫いして身頃合体。
あとは衿と袖を付けるだけ~~♪

と… ふと気になって 衿を当ててみる…

・・・ il||li_| ̄|○il||li

今度は 衿が足りないやん…il||li(つω-`。)il||li

ほどいてまたしるし付け直しかよっヽ(`Д´)ノウワァァン!!

衿の長さは身丈に何寸加えたらいいですか?
先生にメールすると
「もう縦縫いしたのよね?
 丈を決める前に確認してあげればよかったわねー
 ほどくのメンドクサイし衿を半分にして接いだらいいから」ってお返事

ぉぉーっ そんな裏ワザがあったとはー・:*:・(*´▽`*)・:*:・
今度は振り出しに戻ることなく続行できそうでよかったーw

予定として 今月中には仕立てあがるはず。
次は鹿の子絞りの小紋反で羽織を縫う予定。
もう一度縫うと多分自力でも縫えそうな…いや、甘いか

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。