スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

97:初羽織


この秋一番の羽織は、仕立て上がったばかりの長羽織。
生地が薄手でちょうどよいです。

着物はデニム着物
帯は、花詩歌さんの鞠猫の半幅帯。
帯締めは自分で組んだ墨色ベースの四ツ組。

…そう、羽織紐…orz
駅に着いて何かに引っかかって
ハートカンで壊れた(T_T) 最低限。

ハートカンもだけどカニカンも気をつけないと
引張りにすごく弱い。
羽織の季節は予備の羽織紐を
バッグチャームにして持ち歩く事を強くオススメしまするーっ

と言うか、予備がない時に限って壊れたりする、けど…(´Д`)

とりあえず、着いた駅の百均で代用品探すなりil||li(つω-`。)il||li

コメント

めっちゃ分かります~(T T)
私も以前、京都駅で荷物をロッカーに預けて扉を閉めようとした時羽織が引っ掛かり、手づくりの羽織紐が壊れてしまいました・・・。

羽織が破れるよりはずっとましですが、前が締められない羽織は間抜けで困りました。

これからは、私もMさんのように予備を持つようにしようっと♪

>midoriさん

カニカンとかハートカンとか、なんで?って思うくらい脆いですよね。
間に二重カンを挟んで
カニカンだけ換えられるような工夫をした方がいいかなーと
思いますねー。

あ、そうですよ。
備えあれば憂いなし。です。
でも、ない時に限って…と言う負の法則^^;
全てのバッグにしのばせて下さいー

安心

お久しぶりです。羽織紐、大変でしたね。

でも何よりも羽織、完成してよかったです。安心しました。

孔雀の羽の柄と言えばMさん。をイメージしてしまう。他にも色々あるんですが・・(^^
そういえば孔雀の羽柄の帯も大切に着用されてましたよね。(懐)

古典的な柄なのに個性的ですね。
この生地、マジョリカですか?

そして次の仕立ては何を?と期待してます。

>tomoさん

ありがとうございます。やっと仕上がりました。

元は短い羽織だったんですけど
マチがほつれてきて、洗張りしたら小紋丈くらいあって
超長羽織にしたかったんですよね。

縫ってみたら、マチが足りない→羽裏が足りない→衿が足りない…でやり直し続きでした。
最初から全部の寸法を確認しなかったのが悪いんですけど^^;

結局最初に思ってたより3寸短い仕立てになりましたけど
かえってちょうどよい丈になりました。

仕立ての途中のままにしておくのはすごく気になってたので
私もホッとしました。

マジョリカお召しではなくて
地模様のあるりんずに型染めじゃないかと思います。
羽織りに仕立ててから、洗張りした時に染めたみたいですね。
本当は小紋にしたかったですけどね。

ボチボチと復活する予定ですー。
またよろしくお願いします

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。