スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊賀の組紐


ツイッターのフォロワーさんに
伊賀の藤岡組紐店の四代目の若旦那がいらして
上京した際に近くで催事があればお邪魔してます。

帯締めは整理に困るくらい持ってるんだけど
ま、年に1本くらいは手工芸モノを買い足してもよいのではなかろうかと。
この頃はそう思うのですわ。

数年前までは、とにかくコーデに困らないよういっぱい欲しかったですけど
その怒涛のような物欲が少し落ち着いたってことでしょうかねえ。

所詮私は違いの判らぬ女で
中国製の機械組も、国産の手組も用をなせば無問題
モノの良さが分かったようなことは言わないけど
最近になって催事場や作家とお知り合いになって
物を作る人にはその労力に見合う報酬があるべきだと
つくづく思うようになったですよ。

もちろん一消費者として、安くて品質がよいにこしたことはないですけど^^;
着物着はじめて7年、ちょっとしたターニングポイントかも知れません。

で、その藤岡組紐店さんの三分紐。
上が一重の三分紐で12000円。
下がリバーシブルの三分紐で21000円
正直、ネットだと何本も大人買い出来る価格。

でも、四代目がおっしゃるには
三分紐は細い糸で組んで他より手間がかかるから
本当はこのお値段だとうちは厳しいのだと。
でも、お客様は細いから安いでしょって思ってる。
デザインも主役は帯留めだから自己主張しないように
ごくシンプルにするから余計に。
でも、使ってもらったら良さが分かってもらえると思ってます

だそうです。

さてさて、違いの判らぬ女にそれが果たして分かるだろーか?(笑)
でも使うのが楽しみではあります。

コメント

いいなあ

私も帯留がすきなので、三部紐はつかいますが 数本のうち 二本だけは正絹です。

しっかりしまりますよね
色がほしくて安いのを買いますが なんか緩みがちで、
一度結び目がほどけたりなんてこともありました (笑)

そして
Mさん作のビーズ帯留め可愛いくて いいなあって 眺めてます。

>yamayamaさん

おはようございます。

正絹でもセンダイヤさんあたりだと1000円台で買える時代ですから
こういうご縁でもない限り、なかなか手が出せないですよね。
高価だから高性能かと言うと、これまた微妙だったりしますし。

化繊は滑るのでやっぱり緩んできますね。
正絹でもモノによっては緩くなるし
三分紐自体、お太鼓帯をホールドするには頼りないですよね^^;
古い帯締めの中にはバックルのような金具のついた物もあるので
昔から帯留のお洒落のための苦労はあったのだろうなと思います。
すたぢおμの帯留、お褒め下さりありがとうございます。
シンプルなので、コーデにちょこっと色を加えたい時に使いやすいと思います。
月刊アレコレさんの展示会等で販売させて頂いてるのですが
東京近郊の方でないと、なかなか行けないですよね^^;
価格に格差が出るので、試作品以外は個人的には販売しないことにしてます。
(アレコレさんの信用があるのであの価格で売れるのですし)
ウェブショップについてはまた相談してみます。
その際にはよろしくお願いします(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。