スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12:薔薇


今日は耐震補強設計のヒアリングで広島に行きます。
担当の先生にどうも着物で評価委員会に出た事が不評だったみたいで
いろいろ悩んだけど、結局着物で行く事に。
スーツが厳しかったと言うのが最大の理由だけど^^;

その代わり、出来るだけ地味に。
横双の矢羽柄のアンサンブルの大島に
先日買った薔薇柄の博多織の半幅帯。
これお買い得だった。適当に地味過ぎず派手過ぎず
しっかり締まるし、余り厚くないので夏でもOKそう。
半衿は、和キッチュさんの刺繍半衿のローズ。
帯締めは伊賀の藤岡組紐店さんの三分紐。
帯留はすたぢおμのインカローズで、薔薇繋がり。
羽織紐もすたぢおμのブルーレースアゲートのさざれを使ったもの。

と、言ういでたちなのだけど
また不評なのかなあ…(´・ω・`)

コメント

私には好評なんですが、ダメなんでしょうかね?

地味に押さえながらも、Mさんらしがあって素敵ですよ^^

>midoriさん

ありがとうございます。
不評な理由は、着物そのものではないような気がします。
今日はかなり気を遣ったつもりなんだけど
ヒアリングの定刻5分前に行ったら、既にヒアリングが始まっていて(私は下請けで、元請けさんと先生が早く着いてた)実質遅刻だったし…orz

この業種で女性は稀でそれだけで特別視されるし、ましてや着物で委員会に乗り込んだら
そりゃあ、委員会後の飲み会で話題にもなりますよね^^;
ある程度は仕方ないかなーと思ってます。

ほんまにね~

着物を着ると不評なんて情けないですよね。
日本人が着物を着てなにがおかしいのか?って思うことしばしです。

着物ほど優れた衣服はないとも思ってます。

それに時と場を考えて 相応しいものを着て行ってるのに!!
着物ほど 時と場 季節を重要視する 服装はないのになあと思うのです。
母や祖母は着物で すべての家事をこなし ささっと着替えてお出かけし、知人の葬送には色無地に黒羽織りをぴゃっときて駆けつけ お芝居には華のある着物を着 お茶会には上品な着物を着 帯も場に合わせるし 長襦袢もかんがえるし 草履も下駄もも 何が合うか 何がふさわしいか 何がよいかをちゃんと考えて選んでいました。
着物が当たり前だった。
なのに…

洋服は紺のスーツ着たら何でもオーケーなんて
まるで国民服(古いですが)じゃないですか?

比較的着物を着る方が多い京都の さらに呉服関係の家が多い地域に住む私でさえ 着物を普段に着ていると 妙に思われるのですから そちらではさぞかしだと思いますが、これからも堂々と着物を着てくださいね!!
日頃の鬱憤をはきだしたかのような 長文失礼いたしました。

>まやまやさん

コメントありがとうございます。
元々日本人はみんな着物着ていて、昭和30年代くらいまでは、着物の人もたくさんいたわけですからね。着物で普通に仕事していた人もたくさんいたはずですし。
こんなに特別視されるようになったのは何時からで何故だろう?って思いますね。
着物のマイナス点を「アクティブじゃない」って言う人がいたけど
それもまた偏見ですし。

洋服よりも着物の方が長く着られるし、よっぽどTPOからはずれたりだらしない着方をしない限り、会う相手に失礼になることはないのがよい点だと思ってます。

家の中の不要品のほとんどが着られなくなった洋服だったりすることを考えたら、いつまでも着られる着物は優秀な衣類ですよね。
エコの観点からも、着物はもっと見直されてもいいのに。

とは言うものの、着物だと何着ていても目立つと言う現実はちゃんと受けとめないと、とは思ってます。
女性の中でも「何よ、一人で目立とうとして!」とか言う人居ますしね。おっちゃんの不評よりも、こっちの方がタチ悪いです^^;

着物でも目立たない時代がくるといいですねー。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。