スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

25:猫忍


直さなきゃ着れないわ(主に幅…orz)、としまい込んでる着物も
おうち着ならいいんじゃないかい。
汚したら、洗張りに出す後押しになるし…^^;

と言うことで、今日の着物は迷彩柄の大島。
こんな柄でもちゃんと縦横絣なんですが
なんでこんな柄を織ったかなーと思わずにはいられないですわw
でもグレーと青緑とパープルの組合せが結構ツボなんですわ♪

帯は猫の目柄の半幅帯。
帯締めは色褪せ気味(アンティークの帯留についてた)の二分紐。
帯留はキャッツアイビーズで作った紫とピンクの「nCr(コンビネーション)」

今日のお出かけは徒歩圏内のホームセンターとスーパーと実家です。

コメント

同じくツボです!

グレーに青緑、紫なんてドツボなスキー(≧∇≦)
昔の大島はこんなのあるんですね~、私のイメージの大島とは
違う大島を着ていた方が、おばあちゃんの物だと言われてて
業者の方がアンティークの大島は、もう作れない物があって
凄く高値だって言ってました。

>Sさん

いわゆる「本場大島」じゃないかも知れないですけど面白い大島ですよね。
昔の物だからよいかどうかは微妙ですが
織り手だけでなく、柄に合わせて糸を括る人、染める人それぞれの技術の伝承が難しくはなっていると思います。
その反面でマニアックなものづくりに励む若い人もいる事はたしかで、よい物、面白い物はやはり現代でも作られていると信じてます。

とは言え、そういう物は私のような貧乏人が手にする事はないのですけど。
着物離れの恩恵は、大島の古着がびっくりなくらいの価格で流通していて
貧乏人が何枚も大島を所有して、こともあろうに、おうち着にしてしまえることかも知れないですね。

鳥柄も迷彩もツボです~v-10
私もこんな柄の着物が欲しいです!

迷彩柄素敵で写真をアップして見ていたら、ニャンコのお目目が~^^

>midoriさん

どちらもある意味希少な柄かも知れないですね。
そういう柄ばかり探し廻っていた時期もありました。

直さないと着れないのは、また切ないものがあって
後何年着物がきれるんだろうって考えたら
家で着るなら多少の寸法難はいいや!という結論に。
やみくもに着るとお手入れに困るんですけどね^^;

猫の目って帯ですよね?w
こやつがなかなか使いにくい帯なのですわw

わたしも この着物、
色も柄も大好きです。

迷彩柄なんですか?
わたし、雲!って第一印象でした。

>piyoさん

ありがとうございます。
本来は迷彩ではなく雲なのだと思います。
でも実際に見るともっと色がはっきりしてなくて、ちょっと迷彩っぽいので勝手に迷彩柄にしてます。

意外に好評なんですねー? ちょっとびっくり
ヤフオクでそんなに高くなく(しかもライバルなしに)落札したんですよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。