スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都の旅②

(すみません。間があきました)
2日目。
起きたら雪が積もってた!!!
京都市内で雪が積もるってめったないじゃろ…

ホテルで朝食をとり、荷物を駅のコインロッカーにあずけて
地下鉄で三条烏丸に移動。
歩道が凍って気をつけて歩かないと滑りそうだ。
集合場所は「旧明倫幼稚園」8:30
明倫幼稚園

目の前が「旧明倫小学校」
旧明倫小学校

京都のど真ん中に建ってる小学校とは思えないくらいの洋館造り。
外国の映画に出てきそうな小学校です。
その昔、明倫地区の住民がお金出して建てた学校なのだそう。
現在は廃校になり「京都市芸術センター」として再利用されています。

廃校になった理由というのが児童数の激減。
子供だけでなく、町に住む人もずいぶん減った地区でもあります。

この地区は紫織庵さんとか藤井絞さんなどがある呉服の問屋街で
紫織庵藤井絞

昔は立派な町家が並んでいて活気のある町だったそうです。
今はいろいろな事情から町家がビルに変わりつつあり
景観環境問題とまちの人口減少の問題を抱えていようです。

その明倫学区中に「鯉山町」。一時町の人口が21人まで減少し
一画にマンションが出来てから人口が208人にと10倍に増え
マンションの子供会による「ろうそく売り」など
新しい住民により、祇園祭り伝統が継承されているというお話をききました。

無名舎のご当主の昔の賑やかだった時代のお話も面白かったです。

で、その「無名舎」を見学。
昔は白生地屋さんだったそうで
通りに近い順に
お店、中庭、おもてなしの部屋、中庭、家族の住居と並び
左側に奥に抜ける土間があるちょっと豪華な町家です。
模型を使ってご当主の吉田先生がご説明してくださいます。
吉田先生

このお宅の特徴は日陰の庭と日向の庭があり
日陰の庭日向の庭

夏の暑い時期に意図的に敷地の中で温度差を作り
家の中に風を通す造りになっているところ。
盆地である京都の夏を少しでも快適に過ごす京都の人の知恵。

そして、町家再生を行なっている団体について伺ったり
ぐるっと歩いてきました。
京都の人の町家に対する熱い思いを感じましたね。

印象に残ってるのは吉田先生が
ご自宅の前で工事中の松阪屋の宿泊施設を見ながら
「六角町で残念なことは、まだマンションが建たないことだ」と
おっしゃってた事。
京都の町家街にマンション建設なんか絶対反対しそうな
雰囲気の方だったので…^^;

そして、お昼ご飯は「膳處漢 ぽっちり 京都店
お昼ご飯

建物は昭和初期の呉服商家だそうです。中の造りもすごく豪華です。
お料理は松花堂みたいなお弁当でした。
美味しかったです。

全体会場で分科会を行い閉会式。

京都駅でひとりになり、京都駅の中を散策。バスまで3時間あるしさ。
駅っていつも通り過ぎるだけなので。
そうだ、昨日祇園の都路里に行こうとして時間切れで断念したんだっけ。
駅の中の伊勢丹6階にある都路里で一息。
伊勢丹限定「如月」多分今月のみのセットかな。
都路里

ここも行列が出来るほど人気で(穴場だと思ってたのに)
通されたのが窓際のカウンターの隅っこ。めっさ寒かったー。
「熱いのでお気をつけください」と言われたお茶がすぐ冷めたくらい^^;

で伊勢丹の中をウロウロ。
地下の食品売り場で京都の地酒を買って帰ろうと見ていたら
「京都のお酒はこっちもありますよー」と後ろから声をかけられ
振り向くと、「羽田酒造」さんが展示即売をしてらして
おばちゃんと日本酒話で盛り上がりあれこれ試飲させてもらった。
自分とこでお米作ってお酒つくってるらしいの。
4合瓶2本と2合瓶1本を買って帰る。
お土産

自家製ビールも作っていてビアハウスも併設されているらしくて
一度行ってみたいなー。
お酒も実は既に飲んでしまってます…^^;
どれも美味しかったです。

コメント

すごいですね。

京都の旅①,② ともに、もうびっくりするくらい盛りだくさんで、思わず「すご!」って いってしまいました。
そして京都のお酒って伏見しかしらなかったのですが京北町に地酒があったのですね。
まやまやは
明倫から南へさがり(京都駅方面へ向かう)ちょこっと東へ向くあたりに住んでいます。小学校、ようちえん 中学校 みんな統合しまった、典型的な少子高齢化の地域なんです。

>まやまやさん

コメントありがとうございます。
2日間よく歩きました^^;

明倫学区の地区からあまり離れていないなら街中じゃないですか。
高齢少子化は過疎地と街中の問題なんですよね。
団地やマンションに若い世帯は集まるから。
最初はマンション建設に反対していた地元の人たちの意識も少しずつは変わりつつあるみたいですね。
いろいろ難しい問題もなくはないみたいですけど。

私も京都のお酒と言えば伏見だと思ってました。
山奥で何にもないとこらしいのですけど
水があまり汚染されてないから、いいお酒が出来るんだろうなと思って。
実際美味しかったですよ♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。