スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

47:今日も市松

120316_174559.jpg
資格維持のための定期講習会。
「建築士事務所に所属し、設計業務に携わる建築士のみ」更新義務があるんですわ。
つまり、公務員や学校関係、審査機関、建設業、営業に主従する建築士は免除。
資格だけあって仕事してないおじーちゃんなんか終身だからさ…(-.-;)
同じ資格なのに、なんとも理不尽な講習会だなーと思うんだけどな。
車の免許と同じく、資格者全員に更新を義務付けるべきだと思うー。
車の免許の更新、警察関係者免除だと、何ーぃ?って思うでしょー。
同じよ、同じ。

今日の広島は降る予報。
ポリの紫市松のアンサンブルに、レース柄の半幅帯。
帯揚げは焦げ茶のちりめん。
帯締めは黒の三分紐。
帯留はすたぢおμのビーズ帯留。


講習は日建学院で受けたんだけど、講師はビデオ先生。
午前中は法令関係の講義で、某県職員OBが講師。
あまりお話も上手くなくて(前日半徹だったこともあったし)
すっごく眠くて何度がウツラっとしちゃった。
午後からの講義は絶対寝てしまうわーと思ってたんだけど
午後からのビデオ先生は、大学の専門の先生で
要点を得ていて話し方も上手くて、全然眠くならかった。

生講座だとテキストだけ見てればいいんだけど
ビデオだとモニタを見てないと
テキストのどの頁の話をしてるのか把握できないので
結構せわしくて疲れた。目が疲れやすいから堪えるのよ。
次回は生講座の講習会に行こうと思う。
日建学院だと、月2回くらいやってるし
年度末ギリギリでもやってるし
申込みもオンラインで出来るし、受講料も安いんだけどね。

コメント

資格

私も最近ちっちゃな市松柄ブラウン系購入しましたよ

綺麗系が好きで、私の場合、粋な感じはあまりにも、ハマり過ぎて玄人さんになってしまうのですが、市松柄って便利ですね。

資格維持の講習同感(・ω・)/
仕事の合間に大変ですよね~

私達には受講更新はないけど、あってもいいのかもと思う時がありますよ。
古すぎる知識で経験だけで仕事している人いますからね~

おひさしぶりです

忙しいなか講習会に行ってるんですね、お疲れ様です。

でも、これから家を建てる身としては設計士のみなさんが定期講習を受けているというのは安心感がありますね、Mさんがおっしゃるように資格者全員が免許更新だったらなお安心ですね。
なんせウチの町内は市唯一の防火区域、リフォームはよくあるけど新築はめったにない。なので設計士さんも工務店さんも初めてづくしで、ブロック造ということで、大工さんは意気消沈してました。でもブロック造は当初予定していたよりもはるかに費用がかかるというので止めました。で、100㎡だと準耐火でいいというので、準耐火木造建築で建てることにしました、手馴れた工事になるので工務店さんは喜んでいる様子、でも準耐火なのでそれなりに工事は面倒になるんですよね?
で、今の我が家は店舗兼住宅なのだけど、幸い予定地は奥行きがあるので店舗と住宅を100㎡以内で2棟建てるんですよ、建築費は抑えられるけど2棟分の経費 税金とか公共料金がかかることになりました、苦渋の選択ってとこですかねぇ。着工は今月末、まだ雪はあるから除雪してからになりそう。まだしばらくはチクチクはおやすみです、でもっ今月号のアレコレにMさんのお直しテクが掲載されてるじゃないですか、ウズウズしちゃいましたよ(^^

再び市松キター(^o^)/

画像で見るとやはり紫×黒がイイな~と思いますが、実際は
もう少し暗めなんですよね~f^_^;
生地も紬みたく節っぽい感じですし、渋いのでした。
Mさんは渋いのからパッキリまで何でも着るイメージが…。
あ、でもはんなり系はないかしら?
私は別に紫系の市松をお仕立てしましたのでオフ会で着たいと
思いま~す(^_^)vしかし羽織が…羽織のサイズ?と言うかシルエットに
納得がいかず、仕立ての意味は…!何がどう違うのか分からない
ので指定しようがないのでした…誰か詳しい人に聞いて
みたいものですわ(>_<)

>きのこさん

講習の是非は微妙ですよね。
建築士の場合、法令がちょくちょく変更するので必要なんだろうなと思いはするけど
免除の人がいるのは納得できないとこありますね。
行政はいち早く法改正の勉強を業務上でしてしまうから、あえて講習うけるまでもない、というのはわからなくもないんですけど、法規の話ばかりじゃないですからねえ…。
それよりも、仕事してない人が免許をいつまでも持ってる、というのが…問題かなあ…と。
ちゃんと講習受けて更新しないと、長いブランクの後で仕事に復帰したら浦島太郎状態なんじゃないかと。
講習を義務付けた主旨とそこらあたりにかなり矛盾を感じてしまうんですよね。

市松はいろいろ適応してくれるので便利ですよね。
白黒だと、パキっとしてしまいがちだけど、ブラウンだとちょっと優しい感じしますね。
目にも優しいです。

>MKさん

MKさん、お久しぶりー。

結局木造で家を建てられるんですね。
長い目でみたら、木造住宅がよいと思いますよ。日本の風土にあってると思いますし、木の温もりって日本人の心に馴染みますよね。
コンクリートブロックの家というのはどうにもピンと来ないんですよね。(倉庫のイメージしかない…)
機能オンリーじゃなくて、もっと町の景観や住む人の精神面を考慮した条例にすればいいのにと思いますね。
準耐火の家というのは(このあたり専門外なので詳しくないのですけど)外壁や屋根を不燃材にすればよかったのではないかと。
自分ちから火事を出さない努力は当然の事ですけど、近隣の火事から類焼しないのが目的なので。

でも、建物を機能で分割するのはよいかも知れませんよ。必要経費の部分をはっきり区別できるし、将来店舗が不要になった場合、壊して固定資産税を軽くすることも、貸店舗にすることも可能ですから。

アレコレにあの記事が載った経緯は、内輪の話がいろいろと…^^;
毎月一人で企画して取材して原稿書いて…って大変だなーと思います。
楽しみに待ってる人がたくさんいるから、都合でお休みに出来ないですからね。

>Sさん

携帯のカメラで撮るとどうしても鮮やか目に写ってしまうんですよね。特に青が入ってる色は彩度高めになるっぽいです。(赤が飛ぶっていうか)
この着物もSさんがおっしゃるとおりの色や風合いですね。ダーク目ではあります。
はんなり系は確かに着ないです。似合わないですもん。これだけは自覚してるんでっ。昔から可愛い系の洋服も似合わないし。

羽織のシルエット…って、なんだかモサっとするって事ですか?
帯の事もあるから、あまりタイトに出来ないと思うけど…。
裾のしぼり方が足りないんですかねえ。
長くすればその分、裾すぼまりにしたいとこだけど、長羽織のセオリーはマイナス5分みたいですから、そのまま5分でお仕立てしてあるのかもです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。