12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-10-22 (Mon)
先週単袖の襦袢だと袖が寒かったので
いい加減袖無双の襦袢を着なきゃ。と思ったものの
なぎささんに袷の襦袢だけ洗いに出して
袖無双はそのままだった事を思い出す…orz

同じ反物で縫った単衣襦袢は問題なく洗えたので
袖無双も大丈夫だろうと自分で洗ってみる。洗ったのはこれ。
CIMG0610.jpg

洗剤はドイツ製のオーガニック洗剤。「ソネット」
(リンスもあり)


気仙沼たかはしの女将さんがおっしゃるには
「合成洗剤が一番よごれは落ちる」んだそうだけど
お気に入りの襦袢だけにちょっと弱腰なわたし^^;
リンスは普通に髪の毛洗った時のリンスを使いました。

色落ちしない、という事が前回確認できてるので
ちょびっと気が楽。
堅牢度が低くて柄が滲んだ例を実際見てるので
安い襦袢反や、アンティークの襦袢は避けた方がいいかも。

部分洗い(袖口と衿周り)して、つけおきした後押洗い。
しっかりすすいで、リンスして
バスタオルにくるくる巻いてタオルドライ。
生乾きまで待っていたらすっかり忘れてしまいそうなので
濡れたままアイロン。このまま乾かす勢いで
ジュワーと蒸気を上げながら伸ばすようにアイロンがけ。
着物ハンガーにかけてしっかり乾かす(←今ココ)

ここ(祇園小町ってメーカー?)の生地は
あまり縮みはないような気がするんだけど
乾いたらサイズを測ってみようと思う。

精華ちりめんのとろんとした風合いは
若干硬くなっっちゃったかなあ。
まだちゃんと乾いてないので何とも言えないんだけど。

お気に入りだからつい業者さんに出してしまうけど
汗抜きしてもきれいになって返ってこないんだよね。
ヘビロテしてしまう襦袢は
汗で肩周りが変色しないうちにこまめに洗った方がいいのかも…。


※乾いたので縮み代を確認。
 横方向の縮みはほとんどなし。
 袖丈で2分、身丈で5分。
 3分の縮み代を見込んで縫ってあるので問題ないかなって感じです。
 乾くと風合いもそれなりに戻ってきました。

 次は麻雀牌の襦袢と岡重の鯛襦袢を洗ってみよう。
 (正直良いものしか洗えないかも・・・って気はしてます^^;)

洗う時のポイントは、洗いとすすぎの水の温度を同じにする事。
なので、水で洗った方がいいような気がします。
水道の水が冷たくならないうちに全部の襦袢を洗ってしまいたい~。
| 着物の話 | COM(4) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。