スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

138:久しぶり着物


昨日は福山の沼隈町に士会の見学会に行ってきました。
集合時間まで1時間以上前についたので道の駅に。
野菜だけでなく海産物も豊富。
地物の大きなワタリガニが1200円くらい!めっちゃ安っ!
まだ動いてる蝦蛄や大きなエビも沢山。
買って即帰られるなら、絶対買って帰ったのに。
いつかクーラーボックス持って買いに行くーっ!

見学会は、沼隈の再生された古民家。
無人になって崩れかかった古民家を(原則持ち主に)再生してもらおうという
NPO法人の方の案内で三軒お宅を見せて頂きました。
そのうちの一軒は家の落武者の隠れ里だったと言われている平家谷にあります。
平家谷では源氏の象徴である白を忌み嫌って、神社のしめ縄も赤。
白い花が咲く草木さえも嫌ったと言われてます。

今までに34軒の古民家を再生したそうですが
どのお宅住んでいらっしゃる方が実に楽しそうです。
また改修費も出来る限り元の材料を使い
やむを得ず解体した(他の地区も含む)よその古民家の廃材を利用し(無料)
プロの大工さんや左官さん以外、全て手弁当のボランティアで施工し
施主も一緒になって改修するという、解体して新築するより安いということです。
また、古民家から出た古い家具を修繕したり、廃材で家具を作る船大工さんがいて
定期的に展示販売をしてらっしゃるそうです。
古い日本の家具を探していらっしゃる方は是非お問い合わせください。
もしかしたらイメージ通りの家具があるかも知れないですし
無くてもご希望に合ったものを作ったり探して下さるかも知れません。
連絡先「NPO法人 ぬまくま民家を大切にする会」084-987-0840(河野)

三軒の民家と「ろんでんcafe」に行ったのですが
どこでも「着物いいですね~」「よく着られるんですか」と声をかけらました。
(汚れるかも…なのでオールポリだったんだけど)

「ろんでんcafe」
普通車でギリギリ幅のデコボコ道の突き当たりにあったりします。
でも隠れ家的ですごく落ち着ける雰囲気です。
お料理が盛られる器も知人の陶芸家の素朴な作品や骨董品ですごくいい感じです。

ただし日曜日休業。
「日曜日は長居客が多くて忙しい」からだそうで^^;
日曜日はお子ちゃま連れのママ友団体が多く
子供たちが縁側でドタバタしてもそっちのけで何時間も話し込んで
展示してある陶器やガラス、縁側の薄いガラスが
割れやしないかとヒヤヒヤするし
空間を楽しみに来てくださる他のお客さんもいるから…
ということらしいです。決して子供が嫌いという訳ではないそうです。

小さい子供を連れていても
私だってそういうお洒落な場所でご飯食べる権利は平等にあるキーッ!!!ヽ(`Д´)ノ
差別するなーーーっ!!!とおっしゃるお母さんも多いかと思うけど
小さな子供が居る期間なんて人生の中ではほんのわずかな期間。
そのいっときくらいはファミレスで我慢してもいいんじゃないかなあ…。

もちろん大人と一緒に静かに座っていられるような子供なら全然無問題だし
子供を主役に大人が構ってあげていれば
子供が席を離れて走り回ったりすることはあんまりないんだけどね。

オトナの空間と、子供がいてもいい空間の分別っていうのかな
一歩引いてわきまえるマナーが
今ドキの若いお母さんには必要なんじゃないかなと感じることは多々。
(他に選択肢のない公共の交通機関については言いません)

年とって子供の手が離れて、静かに楽しみたいと思って訪れた空間に
お子ちゃま連れの御一行が我が物顔で占拠してたら
きっとアナタも眉をひそめてしまうと思うんだけど…。


帰りに食べに行った近所の居酒屋で
着物着てるからと声をかけてきたオーナーのお父さん(じいちゃん)と話してると
「父の相手してもらったお礼に」とお酒をサービスしてもらいました。
着物だとこんな日もたまにはあります♪

そんな着物は
菊柄のポリ小紋。
これは大柄の花柄でありながらかなり好きな着物。
市松ポリの羽織に合わせるとなると他の創世舎の着物は難しくて
久しぶりに着てみました。
時間なかったのでコーデは適当です。
ポリ襦袢についてた市松の半衿、紫市松の羽織だけが決まっていて
それに合わせて適当。
帯は撫松庵の献上風の半幅帯。お約束のプラムの丸組の帯締め。
モスグリーンの帯揚げ。
羽織紐はロードナイトのさざれ。
足袋はエンジ色の別珍履きました。あったかい。
(でも昨日は上天気で暑いくらいだった(^^;)

コメント

古民家

良いですね~(*^^*)
古民家憧れです。
そんな暮らしができたらといつも思ってます。
以前に古民家暮らしをするなら、広島、岡山あたりいいな♪と本気で探したことがありましたよ(*^^*)

定年になったら、山の中で畑しながら訪問看護の仕事。
時々村一番の若い衆の車に乗って(若い衆はもちろん60才台^_^;)街の病院へおじじとおばばの薬をとりに...

なぁんて、夢です。

現代社会の都会の便利のなかで生活している私には夢のまた夢。

最近、テレビで「blue studio」という古い住宅をリノベーションしている会社が紹介されてましたね~>^_^<

小さななお子さん...
わかります^_^;
嫌っているわけではないのですが、私もMさんと同感です。

大人の場所ってありますよね。
私達も「今の若い母親は...」
と言われた世代ですが、子供と大人の距離感が
さらに今近すぎて「お行儀」がよろしくない
場面を見かけますね。
大人が教えないのもいけないのでしょうね~

今の時代、お店であっても他人様のお子さんを注意するなんてこと、なかなか難しいみたいですしね^_^;

古民家で生活されてる方の様子を垣間見るこどができて羨ましい~>^_^<
私もいってみたぁい

>きのこさん

広島のこのあたりは山奥と言いながらも海も近くて
道の駅ではまちの魚屋さん以上の品揃えでしかも安い。
育てられる作物の種類も沢山で、海の幸山の幸がいっぱいで
県内でも食が豊かな地方だと思います。
そして、地震も少なく大きな災害もなく、厳しい寒さもなく
老後のんびり暮らすには最適な場所と言えるかも知れません。
実際古民家を再生して暮らしていらっしゃる方の何人かは
長い間東京や広島市内で暮らしていた方だったりします。
最初は「そんな田舎では暮らせない」といってた奥さんもすっかり気に入っていらっしゃるということです。
新幹線ののぞみが止まる福山駅まで車で30分以内という
ど田舎だけどそんなに不便でもない場所ですし。

売買は難しいかも知れませんが、賃貸は斡旋してくださるそうです。
ご縁があれば是非。しょっちゅう遊びにいくかも~~。

大人だけが分かる楽しい場所に子供を連れていくのはどうなのかなですよね。
ママたちがおしゃべりに夢中で構ってくれなかったら子供はつまんないですよ~。
どうしてもそこに行きたければ、子供を幼稚園や学校が預かってくれてる時間帯に大人だけで行く選択もありますし
古民家の中にはご厚意で子供同伴で参加出来る催しをしてらっしゃる方もいらっしゃるので(お餅つきや蛍見の会)
そういう機会に連れていった方が子供と一緒に楽しめるのにな…と思うんですよね。
子供の気持ちは後回し、仕方ないから連れて行くみたいな母親が多い気がします。

老後♪

本当に良いところだと思います。
天災が少なくて、気候が穏やかで。
海の幸 山の幸が両方恵まれていて(*^^*)

叶う事なら、そちらに今でも行きたいです。
まして、Mさんと遊べるならなおさらですよ~>^_^<

宝くじ当たらないかなぁ~

>きのこさん

古民家を単純に復元するんじゃなくて
現代の暮らしのニーズと予算に合わせて
改修してくれるとこがいいんですよね。
あるお宅は床暖房入れてました。

私も宝くじ当たらないかな~。
当たったらのんびり着物生活したいです。

きのこさんが当たって古民家買ったら絶対遊びにいく~~。
道の駅で魚介類買って囲炉裏で炙りながら飲みたいわ。

囲炉裏で一杯♪

いいね♪いいね♪

囲炉裏で一杯いいですね~

ん?とりあえず囲炉裏で一杯だけなら、広島行っちゃおうかしらん♪
温泉でも一緒に行きたいですね~ むふふ♪

ちなみに最近、手あぶり火鉢を買いましたよ~(笑)
目的は自宅で酒の肴を炙るためです(笑)

>きのこさん

広島にはいい温泉源がないんですよ(-_-;)
良い酒処に温泉なしと言われてますからね。
1000mくらいボーリングして無理やり温泉掘り当てたというけど、それ感覚的に温泉じゃないし。
でも鞆の浦の仙酔島には世界一大きなお風呂がありますよ~(^O^)
岩の中でサウナした後海に浸かるという…(^-^;
夜中は波の音しかしなくてめちゃめちゃ静かです。

古民家の囲炉裏はオプションでつけるみたいですよ。
屋根に抜ける仕様ではないから煙だらけになるとおっしゃってました。
こまめに煤払いしないと、マックロクロスケが出るかも。

火があると温かいですよね。
てあぶり火鉢は私も欲しいなーと思ってますが、今はミニ七輪で我慢ー。
うちはすきま風だらけなので大丈夫ですけど
マンション住まいは換気に気をつけて下さいね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。