スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

襦袢水洗い

洗ったのはこの2枚。
moblog_403f9d2e.jpgmoblog_403f9d2e.jpg
色移りが怖いので黒はバスタブ、赤はプラの衣装ケースに
エマールでつけおき洗い。
袖口と衿周りと身八つ口はしっかり押し洗い。
赤はそんなに色が出なかったけど黒はかなり色が出ました。
でも、エマールでセーター洗っても相当色が出るので
気にしません。柄ににじみがないのでOK。

すすいだ後リンスを柔軟剤に。
網に載せてしばらく水分を切ってタオルドライしたら
アイロンあてて乾かします。

着物の水洗いはアイロンが命だそうで。
しっかり蒸気を当てるためにも濡れた状態で伸ばすようにアイロン掛け。
(結構大変^^;)

濡れた正絹はまるでポリのようにゴワゴワ硬くなってます。
完全に元の風合いには戻らないけど乾いていくと柔らかくなるし
そして着ているうちのだんだん柔らかさを取り戻すので
気にしなくても大丈夫。

しかし…黒の方はアイロンを当てると色移りして
しっかり当てられなかった…orz
居敷当ての胴裏が真っ黒(背縫いのとこ特に)
もう洗うまいかと悩むのだけど
私のが死んだ後にはゴミにしかならないのだから
懲りずにまた洗いますw

完全に乾いたら縮み量を測ります。

乾いたので採寸。
風合いはかなり戻っています。
赤(岡重)
身丈:3尺3寸5分→3尺2寸5分 約3%
袖丈:1尺2寸8分→1尺2寸2分 約5%
袖幅:8寸4分→8寸4分 0%

黒(紫織庵)
身丈:3尺3寸5分→3尺2寸2分 約4%
袖丈:1尺2寸8分→1尺2寸2分 約5%
袖幅:8寸4分→8寸3分 約1%(もしかしたら3分で仕立てたかも)

縦方向平均4% 横方向はほとんど縮みなしって結果。

今後は縮んで3尺3寸前後の身丈になるようにしるしつけよう。
袖丈も着物と同寸か1分加えるくらいがいいかも。

しかし…この色の抜け方にはショック…orz
2013031609320000.jpg
(赤の方は真っ白いままっす)
濃い色の襦袢の水洗いはこのリスクもあるなあ。


※くれぐれも手洗いは自己責任で。

コメント

わたしも洗おうかと思っていますが・・・

エマールでは縮むとか書かれていたりしたので、ドライアップと言うものを買いました。
この溶剤でも色落ちする可能性もあるみたいですが(^^;
縮んだらその時はその時!と割り切ってやってみるつもりですが、アイロン掛けが面倒なので未だに渋っております(笑)
半乾きのままでもスチームアイロンで伸ばした方がいいんですね?
いい加減な性格ゆえ、絶対失敗しそう(笑)

>☆けめさん

どっちも使ったことありますが、水を使う以上縮み方は同じだと思います。
満点スリップのたかはしさん(本業は悉皆屋さん)は
割り切って合成洗剤の方が汚れはすっきり落ちるとおっしゃってます。
シャンプーで洗うのも一つの手かもしれません。

着物の水洗いはアイロン命だそうですから
嫌い(私も嫌い。ウールや浴衣はクリーニング出します^^;)と言わないで
2回くらいかけるつもりでアイロン掛けしてください。
所詮着物の下に着るものですから、多少のことは気にしないのが吉ですw

アイロンでしっかり蒸気を当てると残った汗も飛びますので
まだ濡れてるくらいの時にときにアイロンを掛けるのがコツです。

但し大事な物で濃い色のものは避けた方が無難です。色落ちについては保証できません。
アンティークも生地が弱ってる場合があるのでお勧めしません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。