スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帯留効果


帯留を作るようになってあまり買わなくはなったけど
かなりの量が…(^_^;)
一時期金具をつけては何でも帯留にしてた時期もあったり。
帯留いいね。可愛すぎる。

帯留には2つの使い方があるのよね。
一つは、モチーフ使い。
波の帯に船や魚、桃。みたいな。
猫の帯に鈴、蜥蜴、ネズミ、金魚。
桜の帯に徳利&お猪口、お団子。
竹に雀、パンダ。
モチーフで可愛さがアップしたり、季節感を表現出来たり
帯や着物との繋がりが分かる人だけが楽しい。

もうひとつは色の効果。
コーデの足し算、引き算っていうやつ。
カラフルなコーデのとき、帯の地色に近い帯締めと帯留を使うと引き算になる(らしい)。
逆に同系色コーデのとき、帯留めを差し色で使うと足し算になる。
暗い色や寂しい色過ぎたなと思ったら赤みのある帯留を使うとぐっと華やかになる。
ちょっと大人のコーデテク。

すたぢおμのシンプルビーズ帯留は基本②の効果だけど
シンプルゆえに組合せて使えるので、更に①の効果でも遊べるの。
実はそこがコンセプト。

色の組合せで物を表現出来るのですわ。
例えば
白+薄緑=柳
紫+薄紫=菫
薄紅+萌黄=桃
薄紫+萌黄=藤
古来日本の「襲(かさね)」の色目の他に
色の組合せによるイメージも多種多様。

例えば、この赤と緑

普段のコーデに加えるだけでクリスマスモードに。
白い帯に使うとイタリアンなイメージ。

赤と青ならフレンチやマリン
焦げ茶と茶色ならキャラメルやチョコレート。
白と黒ならパンダ
黄色と黒なら虎や鬼太郎(笑)

色が作るイメージは本当に多種多様。
謎かけのような駄洒落のような、分かる人だけが共有出来る楽しさ。
大人のきもの遊びのひとつ。

もちろん単純に色の調和を楽しんでもいい。

「一つでも楽しいけど組合せるともっと楽しい」
すたぢおμの帯留のコンセプトです。とちょっとだけPR(笑)

コメント

お久し振りにお邪魔します。

相変わらずこっそり覗かせて頂いております。笑

今、帯留を探しているのですがなかなか好みの物に出逢えず…(´・_・`)
作ってしまおうかと検討している次第です。

お勧め素材とか教えて下さいー

>きなこさん

自作って金具をボンドで付ける方法ですかね?

夏モノでお勧めはガラスの箸置きですね。
できるだけ薄いものがいいと思います。
鎌倉彫りの箸置きも軽くてお勧めです。

あとはブローチ。
モチーフが豊富なので好みのものが探せるのではないかと思います。
ピンの部分をニッパーでねじ切って、ヤスリがけして
裏が凹んでいたら金属補修用のパテで埋めて金具付けます。

大きな手芸店に行くと大きめのカボション(裏がフラットなモチーフ)が
沢山売ってるのでそこで探してもいいです。

大きめのピアスの金具を切ってヤスリをかけて
和キッチュさんの小さい帯留め金具を付けるのもいいですよ。

そういう目で見れば何でも帯留めになっちゃいます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。