123456789101112131415161718192021222324252627282930
2013-10-11 (Fri)
かねてから作ってみたかった木綿レース襦袢。
やっと縫えたー♪ヽ(´▽`)/


本当は昨夜で縫い上げるつもりだったんだけど睡魔に負けてしまった。
仕事が止まってるのを幸いと今朝もチクチク。

見て貰えると分かるけど「おデブ仕様」(^_^;)
襦袢にしても着物にしても
お尻や太ももの一番太いところに身幅を合わせてしまうと
伊達締めや帯の上で身八口のあたりがだぶる。
そこは「抱き幅」で調整するんだけど
気持ち細くすると身八口周りがすっきり。
黙ってこれを考慮して仕立ててくれる呉服屋さんは少ないと思う。

そして一番太い幅のまま裾までおろすと
なかなか「裾すぼまり」に着にくいので裾幅も狭く。
腰のラインはカーブ差しで描く。

着物はこれでいい。
でも、襦袢の場合はあまりすぼめない方が良かったな…。
後ろはともかく、前幅ね。
次回の改善項目。…φ(.. )

それと、今回は気仙沼の高橋さんに
「Μさんの着てる着物は衿の脇にシワが寄ってる」ので「繰り下がり」を入れてみたら?
と言われたので入れてみた。
でも襦袢だとあまり関係なかったかも(^o^;)
次縫う着物で再挑戦。
仕立てるたびに課題が残るな~。
| 和裁事始 | COM(6) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する