スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木綿レース襦袢

かねてから作ってみたかった木綿レース襦袢。
やっと縫えたー♪ヽ(´▽`)/


本当は昨夜で縫い上げるつもりだったんだけど睡魔に負けてしまった。
仕事が止まってるのを幸いと今朝もチクチク。

見て貰えると分かるけど「おデブ仕様」(^_^;)
襦袢にしても着物にしても
お尻や太ももの一番太いところに身幅を合わせてしまうと
伊達締めや帯の上で身八口のあたりがだぶる。
そこは「抱き幅」で調整するんだけど
気持ち細くすると身八口周りがすっきり。
黙ってこれを考慮して仕立ててくれる呉服屋さんは少ないと思う。

そして一番太い幅のまま裾までおろすと
なかなか「裾すぼまり」に着にくいので裾幅も狭く。
腰のラインはカーブ差しで描く。

着物はこれでいい。
でも、襦袢の場合はあまりすぼめない方が良かったな…。
後ろはともかく、前幅ね。
次回の改善項目。…φ(.. )

それと、今回は気仙沼の高橋さんに
「Μさんの着てる着物は衿の脇にシワが寄ってる」ので「繰り下がり」を入れてみたら?
と言われたので入れてみた。
でも襦袢だとあまり関係なかったかも(^o^;)
次縫う着物で再挑戦。
仕立てるたびに課題が残るな~。

コメント

ハヤッ(@_@)

もー縫い上がったのねー(@_@)

可愛い(*^^*)可愛い(*^^*)
めっちゃ可愛い(*^^*)

>きのこさん

ありがとー。
縫い始めると集中するのよ。
そこに至るためのモチベーションがなかなか上がらなくてね(^_^;)
上がると仕事が忙しくなってくる法則。
今回も、今日になって止まっていた仕事が2件動き出したわよ…orz

繰り下がり

和裁をしていますが、繰り下がりという言葉は初めて聞きました。
具体的にどのようなことをするのか、よろしければ教えてください。
前幅の寸法ですが、私は竪衿を広く(通常2寸を3寸に)しています。
これですと、反巾の半分では出来ないので、竪衿×2でつもることになりますが、前幅を広げるためには有効かと思います。
それにしても、毎回思いますが、仕立てがとっても速いですね

>やのめさん

コメントありがとうございます。
私も初めて聞きました。
「繰りこし」のことなのかと思ってたら、「下がり」と言うのは肩山より前側のことを言うらしいのです。
肩山から前側に「繰り下がり」を1寸くらい取って
肩明きから繰り下がりまで真っ直ぐ縫って
そこから衽下がりまでをカーブさせるみたいです。
確かに僅かですが衿付きは広くなります。
背縫いから衽下がりまで、通常より1分くらい長くなりました。
長着じゃないとその効果がわからないので縫った時に確認したいです。

あ、プロの和裁士さんほど早くはないですよ(^_^;)
なかなかまとまった時間が取れないし、和裁のモチベーションが上がらないので、よし縫える!って時に集中してるだけです。

くり下がり(?_?)

私も質問しようと思ってましたよ。

私は裄が長いので抱きの部分がいつもだぶつきます。いつも行く呉服屋さんにそう言ったら、“襟付けを詰めてあげるよ”と言われたのが、これの事なんですかね?
今度ちゃんと聞いとこ。

>蜜虫さん

一番長いとこ、太いとこに合わせると
たぶりがちですよね。

「襟付きをつめる」ってどこ詰めるんだろう?
私も分からないので
ぜひ聞いておいてくださいね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。