12345678910111213141516171819202122232425262728
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2013-10-14 (Mon)

松山2日目。快晴。
朝ごはんの後、婆さんと
松山城に行く。

昨日と同じ赤チェックのしじらに
撫松庵のレース献上(茶)の半幅帯。
昨日と同じ三分紐に、フォーシーズンさんのリスの帯留め。

松山城にいくロープウェイ乗り場。
2階の壁画が藤城誠治っぽいなーと思ってたら、まさに藤城誠治だった。


中学生の頃カルピスのCMアニメだった藤城誠治の影絵の世界に
すっかり夢中で図書室にあった画集をパクりたいくらい好きだったんだよね。
今も好き。細かいとこまで見いってしまう。

松山城を築城したのは、加藤嘉明。(1603年築城)
それに因んだマスコット「よしあきくん」


赤かったので何となく…カープファンw
でも、松山にはカープファンって少ない気がする。
あまりニュースでカープのファイナル進出の報道なかったもの(-_-;)

朝イチだったので、本丸開場セレモニー。
太鼓が鳴り響く中、門前に集まった人で門を押して開いていくの。


ガイドのおっちゃんの話だと、鬼瓦に葵の紋が入ってるのは
現存する木造の城では松山城だけだそう。
この写真じゃ分かんないけど。

天守閣から見た松山市駅方向。
ずっと遠くまで見渡せていい眺め。



パンフレットによると、天守閣には2つ見所があったようだ。
一つは、天守閣の天井や敷居、床の間等。
天守閣は、最後の砦として籠城する時のみ使用されるので
畳を敷く設えになってないのが通例なのに、松山城は畳が敷ける構造になってるそう。
敷居にはさすがに気付いたけど、天井はうかつだった。
しかも床の間を確認してない…orz

もう一つは、江戸時代の大工さんが描いたと思われるお侍さんね似顔絵。
帰ってからパンフレットを読んで、しまったーっ!見てねーっ!(´Д`)
またリベンジします。松山。
| 今日の着物 | COM(2) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。