スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

061:薔薇結び再び


今日も士会の会議で呉まで。
お昼間は30度近い真夏日。
この前まで寒かったりしたのに。
でも夜間は冷え込むから夕方からのお出かけに困る。

着物はセオαの赤の千鳥格子。
帯はfunnycocoのレース柄の兵児帯。
この前と同じだけど、今日は裏を使ってみた。
帯留めは鯉柄の蒔絵。

赤と云えば鯉じゃろう

せっかくなので結んだバラ結び画像。
バラ結び
でも電車を降りる時
立っていた人が空いた席を目指して
まだ降りる人がたくさんいるのに無理やり通路に割り込んできて
せっかくの帯結びが台無しに…(´;ω;`)
わずかな時間なんだから降りる人優先で通路あけて待ってよ。

このバラ結びの掲載されている
月刊アレコレvol95は既に完売で増刷の予定はないそうです。
考案者の着物スタイリストの山崎先生が
来年の宮島イベントで再び講習会をしてくださるそうですので
気になる方は是非ご参加くださいね!

コメント

赤と言えば

ワハハ(*^^*)
赤と言えば…
広島県人は鯉なのですね(^^)d

県民ショーネタになりそ~

>きのこさん

えーっ? 笑われたよー。何でー?
ごく当たり前のことを呟いたのになー(丿 ̄ο ̄)丿

今日の着物は暑かった!
しじらを早いかな~と思いながら着ましたが、昼前には汗だくです^^;
たまたま本日和裁教室で断ちと印付けだったので、緊張も重なっての事ですが。(和裁のお稽古5年目ですが今だに断ちは緊張します)
真夏が恐ろしいですが、今セオαの着物が気になってます。
買えない金額ではないけれど、安くもないんですよね~。
真夏では結局何を着ても暑いかなぁ~とも思います。
今ぐらいの季節にはピッタリなのかな?

ちなみに、私は赤と言えば・・ルビー?

>midoriさん

本当に急に暑くなりましたよね。

まあ、夏は何を着ても暑いのは暑いので
できるだけ涼しい素材で、洗えるものが一番ですよね。
木綿ならしじらが一番涼しいと思います。
でもそれ以上に下に着るものが重要かなあ。とここ数年考えてます。
汗で肌にはりつかないドライな素材の下着や襦袢を着ると
長着の素材はあまり関係ないかも。
あとは見た目の涼しさですかねえ。色や柄の効果も大きいと思います。
なので、ここ数年流行りの季節感のない友禅柄の浴衣とか…
正直よくわかんないです^^;

セオαも言うほど涼しくはないです。
でもサラっとした着心地で正絹の絽よりは快適な気がします。
洗える安心感もありますね。
セオαでよかったのはポアソンドールさんのですね。
あじゃんのは透けない紗のような風合いで縮みがいってるので着心地いいです。
去年買ったくるりさんのはイマイチでした。
創世舎さんのこの千鳥格子も色のせいもあるのか真夏には着にくいかなあ。
同じセオαでも織り方によって随分ちがうので
実物の手触りを確認して買った方が失敗はないですよ。
着心地のいいものを買えばかなり便利に着まわせます。

> ちなみに、私は赤と言えば・・ルビー?

midoriさんらしいわ(笑)
語源も「赤」を意味する単語ですしね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。