スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

084:初浴衣


この場合の浴衣とは、半衿なしで着ると言う意味。
ウソつきでも半衿つけたら着物。
そういう区分にすると分かりやすい(笑)

くるりさんのゼブラ柄のセオα。
Lサイズなんだけど、身幅が異様に狭い。
身丈は10cmくらい裾カットしたいくらい長いのに。
スレンダーなモデル体型の人がくるりさんの標準なのかな(´・ω・`)

ちなみに、ポアソンドールさんの麻の葉柄のセオαはMサイズ。
でも身幅が狭いと感じることもなく着られる。
ブランドごとにサイズのこだわりが違うんだろうなあ…。

帯は撫松庵の麻の葉リバーシブルの半幅帯。
プラム×ピーコック。
パンチのある色合わせだけど、結構使える帯。
無地で幅が広いので帯締めは必須だと思う。

三分紐は藤岡組紐店さんの紫濃淡リバーシブル。
帯留めは宮島イベントのワークショップで作った銀粘土細工。
この前のままです( ̄∇ ̄*)ゞ

あ、そうそう。
藤岡組紐店さんの、年に一度の広島催事は
8月12日~17日、広島三越です。
気さくなオニーサンなので是非とも覗いてみてくださいませ。
お値段は2~3万円平均ですが
家族の生活を支える一人の職人さんが1本の帯締めを数日かけて組むわけですよ。
でもってデパートや呉服屋のマージンが3~5割。
ってことを考えると、高いとは決して言えないなあ…と思うのですわ。

でも三分紐に関しては絶対ヘビロテするので
買っても元とるくらい使うけどね(^◇^)

そして、来年の宮島イベントでも、再び銀粘土のワークショップしますよっ。
しかも私が自分で欲しいモチーフをセレクト予定(* ̄∇ ̄*)
今から楽しみでワクワクする((o(^∇^)o))(←主催なのに参加する気満々w)

コメント

ブランド

ブランドごとにサイズが違うって少し困りますよね。
Lサイズなのに身幅が狭いのはすご〜く困りものですよね。
でもってMサイズで身幅も身丈も丁度良いっていうのが最高な気がします。
組紐編むのって大変な作業だしお高くなるのは仕方無いとは思うものの手が出せません。着物もそうです。色々(染めやら、刺繍やら、織りやら)大変な事はとても良く解ってはいるのですが、お高い物にはなかなか手が届かず、着物屋さん、強いてはそれを作っている方に申し訳無いなって思ってしまいます(;;)

>犬子さん

プレタサイズは微妙に違いますよー。
特にLサイズで身幅が狭いのは困りもの。
1cmの違いで全然違いますからね。

着物はまだまだ手作業の分野が多くて職人さんに見合うだけの代価を払うと、一般市場に流通しなくなりますからねえ。
ギリギリのとこでやってるのが制作の現状だと思います。
中間マージン取りすぎって話もあるけど、それでもお高いですから
なかなか買えないのもよく分かります。
組紐は私も知り合いじゃなかったら、絶対手が出ないですもん。
でも、使うとやはりいいもんはいいなあと思うので、闇雲に高いだけじゃないってことをお伝えしたいのですよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。