スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

115:夏物納め


藤井絞の綿麻の雪花絞り。
この夏は雨の日が多かったからあまり着れなかったのよね。
でも色的に9月になると着にくい感。

やっぱり紫の雪花絞りを買えば良かったのかも~。
秋が近づくとやっぱり思ってしまうなあ。
春先に高松の和工房あきさんで衝動買いした小千谷と色がかぶるので迷ったんだな。
基本的に洋服や着物で好きな色って、着ると自分で似合うと自賛出来る色なんだと思う。
タンスの中は似たような色の着物で一杯だから
これはこれで涼しげでよいんだけど。
紫は…そのうちがっつり稼いだら、買うかも( ̄∇ ̄*)ゞ

それにしても雪花絞りって、実物以上に写真映りが良すぎないかい?(笑)
実物は実物で、画像では表せない質感や量感の迫力があるんだけど

帯は博多織の青系の半幅帯。
帯のローズカラーがいいアクセントになってるから
帯留めも青でまとめてみる。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。