123456789101112131415161718192021222324252627282930
2014-09-30 (Tue)
CAI_5651.jpg
半衿つけるの面倒よねー? (;´д`)
わたしもきらーーーい。

夏は洗える襦袢を着るので
半衿つけたまま襦袢洗ってそのまま着てたヾ(´▽`;)
色とりどりのお洒落な半衿を持っていながらこのテイタラクw
まぁでも、某着物冊子の編集長も同様だから(* ̄∇ ̄*)
みんなそんなもんだ(笑)
でもいい加減絽の半衿ってわけにもいかないので
いい加減取替えなきゃ・・・と仕方なくチクチク。

うっかり目立つ色でつけたので写真撮ってみた。
Μ式半衿付け。(かなり横着な付け方だと思う)
半衿の端っこから3cmくらいの針目で、0.5~1cmすくってザクザク。
── ── ── ── って感じね。
肩山からの衣紋のとこだけ0.1~0.2cmの針目で、2cmすくって
表に出る針目を小さくすることで目立たないように付ける。
-   -   -   -   - って感じ。
目立たない色の糸を使えばよりベター。
基本的に半衿は「ついていればいい」んで
よっぽどのよそ行きでない限りくけたりしないw

糸は90番手のミシン糸を使っています。
細くて丈夫だしはずすときめっちゃ楽。
針に糸を通すのが苦手な人は
シャッペキルターというパッチワークキルティング用の糸が
ロウビキしてあって、絹用の針でもストレスなく通るのでオススメ。

半衿の講習会にいくとよく「しろも(しつけ糸)」でつけたりするけど
針に通しにくいし、縫ってる途中でもつれると切るしかないので
わたしはあまり好きじゃない。
ちなみに、針も針穴の大きめの使ってます。
絹用の針の方が実は縫うのが楽なんだけど
糸がなかなか通らんと、イライラするんじゃもん(笑)
| 着物の話 | COM(4) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する