スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

半衿付け

CAI_5651.jpg
半衿つけるの面倒よねー? (;´д`)
わたしもきらーーーい。

夏は洗える襦袢を着るので
半衿つけたまま襦袢洗ってそのまま着てたヾ(´▽`;)
色とりどりのお洒落な半衿を持っていながらこのテイタラクw
まぁでも、某着物冊子の編集長も同様だから(* ̄∇ ̄*)
みんなそんなもんだ(笑)
でもいい加減絽の半衿ってわけにもいかないので
いい加減取替えなきゃ・・・と仕方なくチクチク。

うっかり目立つ色でつけたので写真撮ってみた。
Μ式半衿付け。(かなり横着な付け方だと思う)
半衿の端っこから3cmくらいの針目で、0.5~1cmすくってザクザク。
── ── ── ── って感じね。
肩山からの衣紋のとこだけ0.1~0.2cmの針目で、2cmすくって
表に出る針目を小さくすることで目立たないように付ける。
-   -   -   -   - って感じ。
目立たない色の糸を使えばよりベター。
基本的に半衿は「ついていればいい」んで
よっぽどのよそ行きでない限りくけたりしないw

糸は90番手のミシン糸を使っています。
細くて丈夫だしはずすときめっちゃ楽。
針に糸を通すのが苦手な人は
シャッペキルターというパッチワークキルティング用の糸が
ロウビキしてあって、絹用の針でもストレスなく通るのでオススメ。

半衿の講習会にいくとよく「しろも(しつけ糸)」でつけたりするけど
針に通しにくいし、縫ってる途中でもつれると切るしかないので
わたしはあまり好きじゃない。
ちなみに、針も針穴の大きめの使ってます。
絹用の針の方が実は縫うのが楽なんだけど
糸がなかなか通らんと、イライラするんじゃもん(笑)

コメント

いっしょいっしょw

いっしょいっしょ(笑)
半襟の付け方たどり着く先は結局そうなるよね(笑)
表を目立たなく縫うのものも来たとき背中かから見えるかもなトコだけだし
着たとき見えない側はそのまま少し針目を短くする程度(^◇^;)
糸はいつも裁縫箱に入ってるなかとじ用の80番つかってる
でも半襟付けで絹針使ってる人はまず居ないんだよね(^_^;)

老眼か

糸通しも大変ですよね~。でも、和裁やってる有名ブロガーさんが
糸通しのワンプッシユ道具が便利だって紹介してましたわ。
確かに半襟付けは、面倒ですよね~!
前は、コーデごとに変えていたので特に。白襟派になったら
使い回しがきくようになったので楽を覚えた(笑)

>彩mamaさん

あ、やっぱり付け方は同じだったかw
そうそう、小針を出すのは内側だけよ。
外側はそのままザクザク。
某有名な着付けの先生の本では両方端から端までクケてた^^;
すぐにはずすものをクケたりなんかしないよねえ(笑)

半衿付けも絹針だと繻子や重めののような
目のつんだ生地でも絹針ならすんなり通るんだよ~。
でも和裁でもやらな限り絹針を持ってる人も少ないよね。

>Sさん

若い人でも針に糸を通すのが苦手な人多いみたいよ~。
うちの母は老眼だけど針にはちゃんと糸通すし・・・。
老眼よりも慣れなのかも。
わたしも和裁をするときはワンプッシュ式の糸通しを愛用してる~。
あれはスグレモノだわw

白い衿の方がこまめに替えないといけないじゃない^^;
汚れが目立ちにくい半衿の方が絶対楽だとわたしは思う~~

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。