123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2015-01-24 (Sat)

久しぶりに名古屋帯。
銀座のアンティークモールのソレイユさんで購入した王冠柄。
もちろん現代もの。
表地は正絹だけど裏はポリ。
しかも短い。ここまでケチらんでええやん、って言うレベル。
(痩せれば無問題、と言う現実は置いといて)
お太鼓を小さめに結んでみるも
手先の上まで折込みがないのよねえ(´Д`)

こんな短い帯はアンティークでは当然ありだと思ってるけど
現代ものでこれはないんじゃなかろうか。
よく帰るまでお太鼓が落ちなかったもんだと思う。
さすが伊賀の手組みの三分紐!とアゲとく(笑)

改善策として二部式にすると言う方法があるけど
帯や着物を自分に合わせてカットするのはめちゃめちゃ躊躇する。
理由はただひとつ。
着物や帯は自分がエンドユーザーでない可能性があるから。
出来るだけハサミ入れないでおきたい。

と言うことで、短い帯をうまく結ぶ方法考えるわあ。

着物は創世舎の紫市松。
帯は王冠柄の名古屋帯。
帯締めは藤岡組紐店さんの三分紐(薄紫)
帯留めは鎌倉彫りの海老。
| 今日の着物 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。