123456789101112131415161718192021222324252627282930
2015-03-04 (Wed)

帯には帯芯を使う。
これ、当たり前のことのようだけど
インディーズショップで販売されている木綿の帯は接着芯を使ってることが多い。
接着芯を使うのは
色んな固さがあって、好みのハリが選べるからなんじゃないかと思う。
アイロンで押さえるだけなので手間もかからんし。
わたしも和裁教室で帯の仕立て方を習うまで接着芯使ってたし。

作って比べると、ちゃんと帯芯入れた方がやっぱり締めやすい気がする。
接着芯で一番気になるのは糊の浮き。
ぷくぷくと浮き出してくると、気持ち悪くて(生理的にだめなのよ(-_-;)
見つけるとアイロンで押さえてくっつけないと気がすまない。
ふと見ると裏も浮いてるーっ(>_<")ということも多々で
エンドレスでアイロンかけたり。
接着芯は頻繁に捻ったり結んだりする前提でつけるものじゃないから仕方ないんだけど。
その点、帯芯はそういう前提で作られているから
捻ったり結んだりしても平気。
もちろん糊なんか使わないからぷくぷくしない。

代用が悪いわけでも何でもないけど
昔から使われ続けている物には、他で代用できない物の用があるのだと思う。

と言うわけで、今チクチク中。
半幅帯に帯芯を入れるためにカット。
4寸3分5厘の幅だと殆ど幅に残りなし。
帯芯は9寸しかないのよね。
これ以上広い幅だと、耳から1分からカットしても
厳しいかもだ。
最近4寸5分の広い半幅帯が結構あるけど
帯芯の耳を落とさないのかなあ…。

2分で裁ち落とした耳は
母が胡瓜や茄子やトマトの茎を支柱に括るのに使っている。
木綿なので土に還るから
ビニール紐や針金のように耕耘機に絡まなくていいらしい。
| 今日の着物 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する