スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

069:藤柄単衣


千円くらいでヤフオクでゲットした単衣。
わたしの管理が悪いのもあるけど、当初からヤケがひどい。
アイロン掛けると絹の匂いがするので正絹なのは間違いないんだけど
生地も「ポリ?」と思うくらい硬くなってるし。
難アリ着物(笑)
いずれにしても着ると気になるほどじゃない。
おうち着物だもんね。いや街着でもいける(^◇^)

着物は藤柄のちりめんの小紋。
藤の柄っていうと花房と葉のモチーフが多いけど
これは藤木が描いてある。
よく見ないと藤だと分からないかも。
帯は撫松庵のボルドーの麻の葉半幅帯。
帯留はガチョウのブローチに帯留金具をつけたもの。
毎年この時期になると思うけど、雲雀の帯留が欲しいわー。

コメント

何故ひばり?

春を告げる鳥だから?藤の花と何か関係が?
藤の柄アンティークには、私あまり縁がないみたいで、欲しかったのも
目の前で拐われたりで、手持ちがないなぁ。
アンティークじゃない刺繍帯が一つありますが、一度、洗いたくて、
そのままなんで締めた事ないですf(^_^;
この時期は花と追いかけっこなので、藤を見行くとかでないと出番ないかも。
まぉ、花見にその花を身に付けるのは、ホントは野暮なんでしょうし。
藤は、おめでたい柄なんですよね?房繋がりとか?ああ、眠くて頭が
働きませんわ(´Д`)

>Sさん

夜勤明け?お疲れさまー。
わーと日本橋には行かないの? 今日はくまもんが着物着て来るらしいよ(笑)

雲雀は花札の藤の札に描かれてるのよ。
花札の動物と植物の組合せは故事や和歌に因んでるので着物でも合わせたいと(笑)
ずっと探してるけど、雲雀柄の帯ってないのよねー。
藤は生命力が強いので吉祥柄になってるのかも。
花の季節は短いから、持っていてもなかなか着る機会がないですよね。
この着物も単衣で、セオリーどおりだと6月から。
でもどう考えても花の季節は終わってる(^_^;)
いつ着てたんだろうなーと思います。

なるほど~★

Mさん、花札コーデやりますものね。確かに藤は吉祥柄だから?
時期が変なの結構見ます。夏物の訪問者とかにもあったり、単にも
割と見る様な(・・;)具象化した柄なら分かるんですけど、まんまだと
違和感が・・・藤って、時期短いですしね~。
花札モチーフならイケそうですが、雲雀は確かに見ないかも。
雉は国の鳥だから?秋頃に菊とセットもよくあり、天皇家が菊だから?
雀は害虫扱いと益虫扱いが人の都合で変わりますが、ふくら雀で
縁起物だから、着物には良く使われてますよね。
雲雀は吉祥系ではないからですかね?
花札だと牡丹はモチーフ沢山あるけど、猪の着物や帯ってないですよね。
完全、害獸扱いですよね~f(^^;
私は雁に月の帯が欲しいのですが、アンティークで2つ持ってる人がいて
羨ましくて(´Д`)
なぜかオウムの柄って結構見ますが、あれは吉祥とか、紋様でなくて
西洋文化が入ってきた流行りなのかな~と思います。
以前アンティーク着物コレクターの方の展示がミキモトであったのですが
時代背景と着物のモチーフの関連性が、凄く良く分かって感銘を受けました。
また、あの方にあって、お話を伺いたいものです(* ̄◇)=3

くまもんは、別に好きでもないです( ̄▽ ̄;)わーと日本橋、行けるかなぁ?
今日は、ゆきゆきさんがいらっしゃるそうですから、きのこさんも行くのかしら?
私は、若沖展が会期終了間近なので、チケットも購入済みなので行かねばです!
若沖の鶏は絶品です!帯にして欲しい~!お宝鶏刺繍帯で行きたいですわ~(⌒0⌒)/

>Sさん

藤はなぜか季節関係ないですよね。辻が花にも描かれたりしてますしね。

鸚鵡や鸚哥は漢語だし、西洋文化とはちょっと違うかも。
奈良時代にはもう上流貴族にもてはやされたし、阿弥陀経の中にも極楽浄土に飛びまわる鳥のひとつに挙げられてるし
モチーフとして昔からあったんじゃないかと思ってます。文様化していて気づかないだけかも。
日本人は鳥も大好きですから、雲雀もきっとどこかにあるはず(笑)

猪柄の帯は前に見かけたことあるんだけど、合わせたい着物と合わないので見送りました。今思えばゲットしておけば良かったなーと。
因みに萩と猪の組合せは徒然草の「臥猪の床(ふすいのとこ)」が由来で和歌や日本画のモチーフの定番なんですよー。

わーと日本橋と若冲…
どっちも魅力的。若冲の鶏は岡重が襦袢で出してますよね。あれめちゃめちゃ欲しいわー。
充実した休日にしてね(* ^ー゜)ノ

ほー、Mさん博識!

和歌や古典・・・私、全く詳しくないですf(^_^;看護学校だったから
授業も受けた事ないし。
猪・・・日本画なら分かる気がしますが、着物や帯だと、やはり珍しい
のでは?瓜坊柄なら見たかも。可愛いですよね(^o^;)
萩と猪かぁ・・・、萩と虫籠の組合せは、よく見ますけどね。
オウム、たしかに古くからモチーフに使われてますが、極楽浄土の鳥かぁ!
どうりで平安くらいから、すでに使われてたはずですね。
若沖の襦袢・・・版権?みたいなのって、どうなってるんでしょうね?
岡重の図案は、岡重が持つ型紙からの復刻が有名ですが
今ならデジタルプリントでも再現できないのかしら?( ̄▽ ̄;)

>Sさん

博識ではなくて、自分の興味のあることは調べてしまういう…^^;
わたしも学生時代は古典苦手でしたよ~。
国語の成績は現国と古典が半々で100満点だったんだけど
現国50点で古典は20点くらいで一度も「優」を取ったことないですw

萩と猪は、優雅と野蛮という対極にあるものの調和を表すんだそうです。
「美女と野獣」的組合せでしょうかね。
萩の花に囲まれた猪の図で帯があるといいなあ。できれば織りで。

着物や帯の場合、古典を使う場合には「写し」といって版権が適用されないんだそうですよ。
クリムトやミレーやゴッホの名画の帯もありますよね。(←これについてはグレーな気がする)
現代のアニメや漫画のキャラについては「個人的に楽しむ場合はOK、販売目的はNG」という大義名分になってます。
若冲の絵については販売も問題なしということになるんじゃないかと思います。
モダンアンテナさんは、アンティークをスキャンして加工してインクジェットプリンターで染めてますよね。
個人ではどうか分からないけど、居内さんあたりでやってくれるんじゃないですかね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。