スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

084:夜は単衣

CAI_6607.jpg
大小霰のポリ小紋に
波千鳥の半幅帯。
フォーシーズンさんの桃帯留。

夏が近づくと青っぽい着物が涼しく感じられて
つい着てしまうのよね。
とは言っても夜のお出かけはひんやりするので
夏物よりもまだ単衣。ポリだけど。

ちなみに足元は裸足に下駄。
わたし、足首は冷えるのに足先そのものはかなり暑がりで
町内くらいだと冬以外足袋はまず履かない。
足袋を履いて出かけて
帰ってきたら一番先に足袋脱いじゃう。

なんとなく半衿つけたら足袋を履くというのがセオリーになってるけど
着物を着るときは足袋を履くのが当たり前になった歴史は浅いので
普段着は気にしなくてもいいと思う。
ちなみに竹久夢二の絵で左の女性はこの着物姿で裸足だ。
exb51_pic01.jpg
他人が見て寒々しいと思う時期はともかく
夏くらい足袋なしで普通にお出かけしたいもんだわあ。

足袋と言えば
去年広島駅前で、くるぶしより随分上で短めに着付けた浴衣に
夏物ではない普通の白足袋のお嬢さんを見かけた。
着物で履かないのがアリなら
浴衣で履くのもアリじゃろうと譲歩はするけど
せめて足袋の線が見えない着丈で着付けるとか
裸足に近いイメージでベージュ系のレースの足袋を履くとか
なかったんじゃろうか…と思ったりした。
民謡とか踊りやってる人なのかなあ(←浴衣に足袋は普通そう)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。