スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

099:正絹の絽

CAI_6629.jpg
アンティークの藤繋ぎの絽小紋
撫松庵のポリ紗の半幅帯
藤岡組紐店さんの薄紫の三分紐
蒔絵の鯉帯留

ちなみに襦袢は綿ローンのレース地(超薄手)
薄すぎて、縫い目が広がっちゃた。
ある程度生地の強度って必要だなあとつくづく。

久しぶりの正絹かも^^;
梅雨時で雨の心配もあったりするけど
夏は自宅で洗えないものは着にくいんで
何枚か持っていても着ないでシーズン終ったりする。
でも正絹の柔らかものの着心地は最高。
一般庶民が絹の服を普段着に出来るって
日本の贅沢のひとつだと思うわ~。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。