古布バッグ

縫い直そうと解いた襦袢の生地が弱っていて
衿を解いていて肩あきの切り込みから裂いてしまったので
バッグにリメイクしてみた。
本当は襦袢として着たかったんだけど
解いてみたら擦り切れてるところも多かったんだよね。

真ん中はレーヨンの残り布。
無地っぽいとこはこの前の帯地の半端な残り。
一番端っこのとこが今回の古布
CAI_6657.jpg
芯を貼るか悩んだんだけどそのままで使用。
貼れば生地そのものは丈夫になるけど
絞り独特のふんわり感がなくなるし
生地が硬い方が擦れて傷みやすいんで。

とりあえずこのまま使ってみてみよう。

大きさは片面で幅60cm×30cm(60cm×60cm)
内、持ち手の折り返し3.5cm
この前のより小ぶりに作ってみた。
A4版のファイルは入るサイズ。←必須条件

コメント

可愛い

納得いくまでチクチクしてますねー
うー可愛い♪

>きのこさん

ありがとー。
納得いくまで、というか
いい素材を手に入れるとむしょうに作りたくなるのよー。
やっぱり絞りはいいねえ

今のところ大きさもいい感じ。
生地の耐久性が悪くなかったら
宮島でもバッグの展示するかも。
(同じのは生地がないから無理だけど)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)