123456789101112131415161718192021222324252627282930
2015-11-19 (Thu)
最後に洗ったのはこの2枚。
淡い灰緑の紬と深緑のお召し。色移りが怖いので別々に。
CAI_6743.jpg

紬の方は、ポツンポツンと数箇所濃い褐色のシミがあって
(しかもお尻の付近とか上衽とか、掛衿とか…^^;)
落ちればいいなーくらいの気持ちだったけど、一晩浸けたらすっきり。
材質も不明で、もしかしたらウールかも…と思ってた。
アイロンあてるとウールのニオイがしなかったので正絹かなあと。
先に洗った紬と違って、糊が浮いてこなくてアイロンがスムーズ。
パリパリになることなくて扱いやすかった。
同じ真綿系の紬なのに、なんだろうね、この差。

深緑のお召しは、ほれぼれするくらいお気に入りの着物だった。
裾が擦り切れたり、袖付がほつれたり、サイズも合ってなかったので
いずれにしても一旦解いて仕立て直さないと着れないのだ。
お召しなのできっと縮むだろうから、寸法を測ってから洗ってみた。
ビフォー
洗う前36cmくらい(←アバウトw)
アフター
洗った後36cmくらい。ちょっと切れる。あんまり縮んでないかな。
お召しにも縮むやつと縮まないやつがあるってことだなあ。
縮む生地は、事前になんとなく予想がつくけど
縮まないのは希望でしかないからね。
このお召しもパリパリにならなくて、ますます生地って分からないなあ。
プロの悉皆屋さんてすごいよねー。多分経験が財産なんだと思うわ。

生地はそろったので明日からボチボ制作にかかるかな。
寒くならなかったら^^;
| 着物の話 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する