スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

149:戴き着物

CAI_6754.jpg
頂き物の赤い大島っぽい紬。
帯はひさかたろまんの薔薇柄。
三分紐は藤岡組紐店のワイン×墨色のリバーシブル
帯留はガラス製のキャッツアイ(オリーブグリーン)

着物を着ていると
思いがけず着物や帯を頂くことが時々あります。
できるだけ着たいと思うんだけど、出番がないことも多くて
申し訳ないなあ…と思ったり。
その三大要因
①汚れや生地の傷みが致命的、超カビ臭い
 (着れないなら捨ててね、ってことなんだろうけど一番困る~)
②色柄が好みにワイルドピッチ
 (とんでもなく似合わなかったり、合わせるアイテムがないとか)
③サイズが合わない
 (直してでも着たいものは直すけどね)
②と③については、
似合いそうな人にお譲りしたり、フリマでも出せるんだけど
①は本当に困っちゃう^^;

という経験を何度もしてきたので
自分が他人に着物を差し上げる時は
ちょっと惜しいかな…と思うものしかあげられないなあ。
それでも好みから外れると着てもらえないんだもん。

この着物(実はアンサンブル。胴裏はアクだらけ。カビ臭アリ)
色柄は嫌いじゃない。裄や身丈に問題なし。
ただ身幅が足りなかった^^;(直すほどの情熱はない)
やっと着られるようになったんで着てみた。
このままキープできればいいんだけどねえ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。