12345678910111213141516171819202122232425262728
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2015-11-29 (Sun)
CAI_6761.jpg
鯉柄の大島に献上柄の半幅帯。
帯留はアトリエ華eさんの九桃

この大島、身幅がすごく狭かった。

リサイクルの着物って、裄と身丈しか寸法書いてなかったり
買う側もそれしかチェックしないことが多いんだけど
本当に大事なのは「身幅」
大きいのは着にくいながらも着られるので無問題。
小さいのは着るのが本当に嫌になるので
直してまで着る気がない人は諦めた方がいいと思うの。
着ない着物を増やさないためにも。

裄なら3000円くらいで直してくれるお店もあるんだけど
身幅だと下手したら
一から仕立てるのとあまり変わらないくらいかかっちゃう。
もちろん自分でも直せるけど
ある程度和裁の知識がないとかなり難儀すると思う。
いや、和裁やってても面倒くさいことこの上ないし
和裁士さんだって好んでやりたいと思わんじゃろうね^^;
なので、お高いお直し料金も納得なんだよね。

なまじ直せると、直して着ればいいと
身幅の足りない着物を買っては箪笥の中に眠らせてしまうという…
直せるけど、いざ直そうとすると気持ちがくじけるのよ。

という訳で、身幅の足りない古着には
手をださないことにしてたんだけど、これはソッコーで直したね。
そのくらいの情熱を持てるかどうかが
寸法の合わないリサイクル買うときのポイントだねえ…。
| 今日の着物 | COM(2) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。