スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

袖付のお直し

昨日の記事は適当すぎたなあ…と思い
もう1枚袖付のお直しがあったので再掲。

がっつりほころんでる紬。
よくこうなるまで着てたよ、自分…(--;)


まず、留めをします。
このくらい裂けてたら作業は楽です^^;
袖付位置を確認し、待ち針か糸印をつけておきます。
糸を二重にして玉を作って
①表地の袖の縫い代の内側から針を出す。(出来れば力布で補強)
②袖胴裏を手前から突き抜ける。
③身頃胴裏を手前(袖側)から突き抜ける。
④身頃表地のキセの山を1~2mm肩側に向かってすくう。
CAI_6775.jpg
逆方向に戻ります。(いずれも④ですくった分だけ針の位置をずらす)
⑤身頃胴裏を身頃側から袖側に向かって突き抜ける。
⑥袖裏胴裏を手前に向かって突き抜ける。
⑦袖表地の表側から縫い代の内側に戻る。
CAI_6774.jpg
糸が平行に渡るように「行って帰る」だけです。
縫い代の中の玉止めと針を交互に引っ張って
糸がスムーズに動けばOKです。(どこかねじれてると動かない)
しっかり締め2回からげて結んで(心配な人は2回結ぶ)
糸の端を2~3cm残して切ります。
結び目ギリギリで切るとすぐ解けてしまうので必ず残します。
本当はここで4本の糸を縒るんだけど、しなくても大丈夫。

よく分からない人は、カンヌキ止めでも大丈夫。
袖身頃裏表の4枚を3~5回グルグル縫いとめてしまいます。
この紬も前の持ち主が修繕した時カンヌキ止め(虫止め)にしてました。
CAI_6771.jpg
応急処置や、補強もこれでOKです。

留めが終わったら、ほつれた糸を引いて玉止めします。
糸で輪をつくって2回からげて、留めたい位置まで引いて指で押さえて
糸の端を引っぱって緩みがなるべく出ないように止めます。(表地も胴裏も同様)

袖のキセ山が上になるように置いて
表地同士、胴裏同士をそれぞれくけます。
CAI_6773.jpg
袖の縫い代だけをすくって、身頃に縫い付けます。
表に針の目が出ないように気をつけましょう。
必ず、ほつれてない部分に2~3cm重ねて縫います。
(縫い始めだったり縫い終わりだったりです)

最後玉止めして糸を切る時も
少し離れた位置に針を出して
玉止めを隠すように引いてから糸を切ります。
CAI_6770.jpg

以上でお直し終了です。

一箇所ほつれるということは、他もヤバイということなので
ついでに、他の袖付も留めの補強をしておくといいと思います。
袖がほつれてきて着る気になれなかった着物が
復活するといいですね~(^o^)/

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。