スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

125:小千谷縮み


麻の葉柄のボルドーの小千谷縮み。
鯉柄の半幅帯。

まだ小千谷は早いかなと思ったんだけど
気仙沼のたかはしきもの工房の女将と倉敷で会うので
洗濯して色落ちして白けさせてしまったこの着物が
色をかけて再生可能かどうか相談するために
あえて着ていきました。

久しぶりにお会いした女将も、ちゃっかり小千谷。
麻の白生地を絹用の染料で無地(抹茶色)に染めたもの。
たしかにシワになっても気にならないし
洗ってタオルドライして掛けてたら乾くので
長期出張にはいいかも。
(女将にはポリを着るという観念はないようです(^^;)

相談した回答だけど
仕立て上がりのまま染めが出来るかどうか
ちょっとわからないので保留になってしまいました。
気仙沼にお戻りになって業者さんに確認して下さるそうです。

そして「着物を合成洗剤で洗わないように!」と言われました。
漂白剤や蛍光剤が入ってるので柔軟剤もだめだそうです。
洗濯用の液体石鹸で洗うよう指導されました(^^;
気をつけましょう

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。