スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お江戸でのお買い物

サローネでさぞかし散財したんじゃろ
…と思われてそうだけど、案外とそうじゃないんだな。

デンジャラスなのはわかっていたので
カードは銀行のカードすら持っていかなかった。
(入っていたのは貴和やネカフェの会員証とSuicaのみ)
現金もいつもの上京の半分(藤岡組紐店さんの支払い分は別)
その中で宿泊費(一泊分)と都内・広島空港までの交通費
滞在中の飲食費を賄って
更に帰りの呉市内からのタクシー代を確保しないといけないという…
そういう状況下でのサローネだったので
とっても目の毒だったわ(笑)

江戸染めの型を使った型染めのワークショップ
2013102410360000.jpg
黒地の木綿に金色の糊のような染料で染めていくの。
なんと400円で体験できました。
1尺くらいあるんでがま口ポーチにしようかなあと思ったり。

お土産用の手ぬぐい2枚。
2013102410360001.jpg
京都の藤工房さんときくちいまさんコラボのサローネ限定色手ぬぐい
初田せつさんのキンゾウ商店のオリジナル手ぬぐい。
このキンゾウ手ぬぐい、来年の宮島イベントでも扱えるかも…です~。

3日目の市松着物に合わせるはずだった黒の半衿を忘れたので
「モダン着物小物梅屋」さんの手描きよろけの半衿を購入。
62693398.jpg
本当は梅屋さんでは帯揚げを買いたかったのだ;;
でも、梅屋の店長さんの梅まりさんにお願いして
来年の宮島イベントに夏物の半衿や帯揚げを出展していただけることに。
梅まりさんは他の催事とかぶっていて来られないんだけどね。
乞うご期待。

染めもの中野のがま口「モンガラカワハギ」
636a66dec6e4b756d50052fdea6b0df1.jpg
前々からこの柄が気に入ってたのよ~。
これはお友達のプレゼント用。
(かえって気を遣わせてしまって申し訳なかったけど^^;)

他はこんな感じで…。
2013102410450000.jpg
中野先生の蛇柄の帯揚げ
「リベンジ」ってことで染めてくださったの。
去年染めていただいた帯揚げに私が難癖つけたせいだと思うけど
本当に申し訳ないわ;;

藤岡組紐店さんのオーダー二分紐。
昨年の夏の広島三越での催事の時オーダーして
色の変更もあったりしてやっとこの夏に組んでくださったもの。
(※普通はこんなに遅くはなりません^^;)
幅6ミリの紐で銀座結びもお太鼓もしっかりホールド。
大袈裟ではなくて本当に全然緩んでこないの。
お値段がお値段なのであんまり買えないけど
これ使い出したら他のが使えなくなるくらい、いい。
藤岡組紐店さんは今君野倫子さんコラボの
柄入りの三分紐を作ってらして、今後も柄モノを展開するそうです。

男のきもの大全の早坂伊織さんの
「男のきものスクエア IORISQ」のブースで購入したモスリンの腰紐。
モスリンの腰紐って五角形に畳んでおくと
きれいにシワが伸びて正絹のより緩みにくくて使いやすいそうで
羽の柄も可愛かったので購入。
早坂さんは広島の己斐出身なんだそう。だからロゴがコイなのか…も

お買い物ではなくて頂きもの。
2013102410340001.jpg
奄美大島の織物組合さんのアンケートに答えていただいた
大島紬のストラップと
京都の「きもの鶴」さんでお話してたら戴いちゃった名刺入れ。
さっそく使ってます。

それから
和キッチュさんで新柄のチェスの刺繍半衿をお取り置き。

りんどう屋さんで半幅帯のオーダー。
りんどう屋さんにも来年のイベントの時
メンズアイテムの出展をお願いしました。
あ~ん、楽しみ♪

Berry工房さんにもヘッドドレスのオーダー。
ずっと気になっていたのでブースで実物見せていただいて
もう少し細めのベースにして色を指定してお願いしてみた。
Berry工房さんの商品も少し宮島イベントで置かせていただけるように
お願いしてみたのでこっちも楽しみ~~~。

どなたも一日でも宮島に来て下さるとうれしいのだけど
遠方から及び出来るほどの経費は出ないので商品だけのお願いをしてます。
儲けるつもりのイベントじゃなくて
「売るよりも知って欲しい」が主旨なんで
宮島で見て後日ネットショップでお買上げしてもらえたら
いいなあと思ってます。

あとは浅草橋でビーズを少し。
日暮里で帯の裏に使う生地16m分。
浅草橋も日暮里も負けないくらいデンジャラスゾーンだった。
お金持ってなかったのが悔やまれるけど
なくてよかったような気もするw

孔雀半衿ゲト


すごく人気があってずっと買いそびれていた
和キッチュの孔雀半衿の青。
イベントで出品すると毎回売切れて
後日ネットショップにアップされることはなかったのだけど
(赤はあるんだけどね)
今回やっとアップされたのでポチしました♪ヽ(´▽`)/

和キッチュの半衿も数年前のように、大人買いは出来なくなってしまったけど
でも、やっぱり買ってしまう。
サローネでの新作制作中だそうで楽しみっ(≧∇≦)(お小遣いの心配もあるけど・笑)

お誂え・総絞りの竪絽


今年一番贅沢なお買い物のお誂え着物が届くー(≧∇≦)
もう超ご機嫌ー♪

竪絽の総絞り。色々ご縁あって、染めは藤井絞さん。
絞りの見本のアンティークの端切れと、色チップで染めを指定。
打合せは藤井絞の若社長(ハート)
本当に人を惹付ける魅力ある人で、一言で言うと「器が大きい」かな。
もちろん、男前。(←これ大前提)
業界、ユーザー問わずファンが多いのがすごく分かります。
東京では藤井絞ファンの集い「藤井倶楽部」なるものが発足したそうだけど
むしろ「藤井浩一FC」って感じー(^o^;)

あ、話が脱線f(^_^;アセッ
染上がった着物は思ってたよりもずっとやさしい色合い。
壁紙やカーテンと同じで、面積が大きくなると小さな色見本より明るめに感じるので
かなり濃い目の色指定しないと、随分印象変わるのです。
でもこれはうれしい誤算。秋口に着る予定だったけど、これなら初夏でも暑苦しくなさそう。

お仕立ては藤井絞さんと親しい京都の藤工房さん。
こちらも5-9きもの委員会の方。まだお若い社長です。
よい物を自宅で自分で仕立てる勇気はないので、お仕立てお願いしました。

時間ない上に面倒な寸法指定だったにもかかわらずお仕立てして下さいました。
衿裏もすごくいい生地使ってらっしゃいます。
(自分で仕立てるとヤフオクで500円くらいの付けたかも^^;)

本当にありがとうございました。
着るのが楽しみっO(≧∇≦)O


この着物、来月号の月刊アレコレの読者の和ードローブで掲載されます。
アレンジコーデがいつも素敵な着物姿の佐川由希さんなので
そっちも超楽しみ~。

兵児帯届く

先日注文した兵児帯が届く。
本当は金曜日の午前中届けて欲しかった…(つД`)

色は黄色いの。素材は綿。
あの燕柄の浴衣に合わせるつもり満々だったのよ。

買って1、2回使ってお蔵入りの正絹の兵児帯。

色は好きなんだけど、結び目が垂れてくるのが最大の難点。
絞りの兵児帯って金魚の尾びれみたいに
ふんわりボリューミーに結びたいじゃない。

買った帯と比べてみる。


こんなにボリュームが違う。重さも綿の方が軽い。(生地の幅や長さは同じくらい)
これがポリだともう少しハリがあって軽いんじゃないかな。
この絞りのクオリティで薄手のポリが欲しいけど、なかなかないのよね~。

購入した帯はこちらの商品です。

和キッチュオリジナル金具


ぺたこさんが企画して業者さんに作っててもらったオリジナル帯留金具
仙臺屋さんや貴和製作所などで売ってる一番小さい金具と比較。
注目して欲しいのは通し部分の厚み。
三分紐が無理なく通って余り過ぎない薄さ。
僅か数ミリの事だけど、この差は大きい。

普段から着物着てる人が企画すると「さすが!よくわかってらっしゃる!」だ。
今まであきらめていた小さなモチーフがやっと日の目を見そう♪

もっとも、ぺたこさんが小物を制作するために作ったものなので
思い通りに使うにはそれなりに工夫も必要かも。
(接着面が小さいのはよし悪しあると思ってるの)

そして、もう一つ和キッチュのお勧め金具
59655798.jpg
和キッチュで大人気の着物ポシェットの金具。
小さなバッグにつけておはしょりの中の腰紐に引っ掛けて使います。
あやの小路さんのがま口バッグにも付けられちゃう。
横長親子がま口財布(マチありタイプ)がよさそう。
111228b.jpg
実はこの金具、購入してお振込みしたあとでアップされたので未購入。
そのうちゲットするわぁぁぁ。゚(゚´Д`゚)゚。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。