スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「五通り三分紐カンタービレ」

いつもお世話になっている月刊アレコレさんと
有名どころの着物雑誌でお馴染みの龍工房さんのコラボの
「五通り三分紐カンタービレ」発売されました。
43478643_o1.jpg

そもそもわたしは「カンタービレ」の意味を知らなかったのですが
「歌うように」「表情豊に」って意味の音楽用語だったのですね。
無知でお恥ずかしいわー(*´д`*)

なんで、5通り?って思ってたんだけど
秘密は裏表の色を交差させる事でリバーシブル柄になっている事。
そして長さが150cmある事(わたし的にはあと10cmは欲しいけど^^;)
通常の三分紐って120cm前後の長さ。
この長さがちょっとポイントなのですね。

写真のように帯留めを通して裏表で①②の使い方。
43478067_o1.jpg

帯留めを使わないで、長尺を利用して普通に結んで裏表③④の使い方。

そして…⑤番目の使い方。ここが高ポイントっ(≧▽≦)
中央で結び目を作って半分裏返して左右色違いで結ぶ。
43478067_o3.jpg

まさに「表情豊かな」使えるコです。
わたしも密かにポチっちゃいました^^;(ソッコーで)

お買い求めは「月刊アレコレくちこみSHOP」で。
支払い方法や配送に関して、カートの不具合はあるようですが
代金先払いをお願いしているそうです。
発送は「レターパック」で郵便局員さんからの手渡しなので安心です。

ついでに、すたぢおμの「5-9環・ドルチェ」の販売も始まりました。
こちらもよろしくお願いします。

思い切り「回し者」w

月刊アレコレ Vol.80

今月の月刊アレコレ、まだうちには届いてないのだけど
ちくちくキモノテラピーの3年半くらい前の記事
袖丈の詰め方」が紹介されています。
記事を見ながらアレコレの編集長さんが実際に袖を直してみたそうです。
(あんまり裁縫は得意でないそうですが^^;)
イラストも、編集長さんなりに噛み砕いて描き直しをされました。
どんな記事になっているのか、かなり気になってます。楽しみ。

袖丈直しの記事は、いまだにうちのBlogのアクセストップの記事で
日々幾人かの方が訪問してくださっています。
そしてたまーに「直しました」とコメントが入る事もあります。
(すごくうれしいです。ありがとうございます。)
大抵の方が、それなりにお裁縫がお好きな方のようです。
でも、あの方は「アタシが直せるならみんな大丈夫よ」とばかりに
チャレンジしてくださいました。

…ここだけのハナシ…
朝の7時に
「ココ分かんんわよっ!!」って携帯メールが入ったりも…orz
メールではもどかしくて
電話でそこはこうなんですよーと説明するわたし…^^;
本当に、「マジ?そうくる?」
みたいな質問も多くて、すごく不安になってしまったり(笑)
編集長さんがわかんないって事は
世の中の3割くらいの人はわかんないって事ですからねー。

ってか、いつ寝てるんですかー? なんですけど。
いつも体当たりなレア記事な月刊アレコレ。
気になる方は是非、定期購読を。
(来月号の和ードローブにはわたしの5月コーデが掲載されます)

小さな「アレコレ キモノトーク」@博多

月刊アレコレの編集長さんが
滅多とない遠出の出張で福岡にいらっしゃいます。

その時に、福岡周辺の着物女子&男子とお話がしてみたいという事で
小さな「アレコレ キモノトーク」@博多 を開催します。

■日にち/2月25日(土) 13:30~15:30
■場所/光安青霞園茶舗 福岡市博多区中呉服町8-1
■参加費/2500円(光安青霞園茶舗お茶セット含む)
■お申し込み/ info@arecole.com メールにて 
       件名:アレコレ@博多 で、
       1:名前 2:ご住所 3:連絡先電話番号 4:年代 5:参加人数 
       以上を明記の上、お知らせください。
■定員/15名


実に面白い方ですw>編集長さん。
本当に滅多に地方遠征しない方なので、この機会に是非
着物のアレコレ語りあってくださいませ。

袱紗

毎年自分へのご褒美に名古屋帯を染めていただいている
「染めもの中野」の新商品のご紹介です。

すごくステキだったので、つい。勝手に。
画像の拝借だけご了承いただきました。

今回のアップは「鳥の袱紗」
オニオオハシ文鳥
鶴雀
オカメインコフクロウ

どれもすごーく可愛いっ♪
イチオシは「鶴」
飛びながら振り返る姿に「夕鶴」を連想しますねー。

袱紗って、ご祝儀やお見舞いの熨斗袋を包むイメージだけど
カゴやお盆の上にかけたりと埃除けや、目隠しにも使うみたい。
いつも、熨斗袋のままバッグに入れてしまう粗忽者だから
いい加減1枚くらいは欲しいなあ…と思いつつ。
どうせならお気にリを染めてもらった方が…とか思ったり…
今は眺めているだけです。けど(笑)

もっと見たいーって方は こちら→「染めもの中野webshop

もちろんオリジナルのオーダーもできますので
お気軽にお問合せください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。